新人が飲み会に行かなくて済む為には5つの口実でキャラを作り込め!

新人のあなた、飲み会は好きですか??

僕は行く相手にもよりますが、基本的には飲み会は面倒に思ってしまうタイプです笑

新人で社会人1年目の頃から飲み会は面倒だな、と思っていたので、できるだけ飲み会に誘われない様にしていました。(もちろん参加する時もありますが)

その方法として、僕が行なっていた事は

飲み会に行かなくて済むキャラ作りです。

ぶっちゃけ、そんなキャラになってしまえば、誘われる事も少なくなるので、かなりの確率で飲み会に行かなくて済みます。

今回はどうやって、職場で波風を立てずに飲み会に行かなくて済むキャラを作るか紹介します。

飲み会に行かない為には誘われないキャラ作りをしよう

飲み会に行かなくて済むキャラを作る為には、

「こいつは誘っても多分来ないだろう」

とあなたを飲み会に誘ってくる上司や先輩、同僚に思ってもらう必要があります。

あなたも誰か誘う時、ノリがいつも悪い人は誘いづらいですよね。

ですから、誘いづらい人になってしまえば言い訳です。

では、あなたが”誘いづらい人”になる為には何するべきなのでしょう。

“誘いづらい人”になる方法はただ1つ

“誘いづらい人”になる為に、あなたがするべき事はただ1つです。

それは「とにかく誘いを断り続ける事」

大概、誘いを断り続けていると、”ノリの悪い人”というレッテルが付きはしますが、

相手も誘いづらくなったり、飲み会の人数調整が面倒になるので、飲み会に誘われる事が少なくなって行きます。

でも、あなたも人が良いと断り方にも悩む事はありませんか??

次はどんな風に波風を立てずに断れば良いのか、5つの断り文句(理由)を紹介していきます。

その為に効果的な5つの理由を紹介

お酒が飲めない感を出して行く

僕がよく理由なのですが、飲み会に誘われても、行きたくない時や、ご一緒したくない相手の時はさらっと、

「僕、お酒が弱くて飲めないんです‥」

とやんわり断る様にしています。

実際に下戸なので、お酒は大して飲めないのですが、

昨今はコンプライアンスで上司や先輩もアルハラには敏感になってきています。

“お酒が飲めない”という大義名分があれば、アルハラを恐れ、行かない理由として、十分成り立ちます。

また、この理由の最大の利点は、

あなたが、「僕(私)はお酒飲めません」

という風に断っておけば、

誘う側やあなたの周りの人たちはあなたの事を”酒が飲めないキャラ”として印象付けられるので、

「こいつはお酒が飲めないだから、今度から誘うのはやめておこう」

と飲み会に誘われない様になってきますし、飲み会に行っても無理に飲まされる事はなくなります。

お酒が弱くて嫌だとか、誘われなくない、あんまり飲みたくない、と思ったあなたは特に実践すると効果的です。

スポンサーリンク

体調が優れない

あまり頻繁に使うことはできませんが、

効果的な理由の一つです。

普通にあなたが「今日は頭が痛いので、、」

と体調の悪い素振りをすれば、大概の人は

「お、、そうか、、今日は休めよ、、」

と言ってくれるはず。
(こう言って誘ってくる奴は相当ヤバイ)

これでもうその日は飲み会に行かずに済みます。

でも、あなたが体調不良を理由に断りすぎると相手も仮病かと疑うので、あまり頻繁に使いすぎない様にしましょう。

ちなみに僕は他の理由が思いつかない時、最終手段としてよく使っています。

先約がある

上司や先輩などにはあまり使いたくない理由ですが、同期などには悪い印象を与えずに済みます。

飲み会に誘われたのなら、あなたは

「大学の友人と飲み会がある」

「この後、ちょっと約束があって、、」

と答えてしまえば、問題ありません。

なんせ、既に約束をしているのだから、通常はそちらが優先されます。

ポイントは上司や先輩に誘われた際に決して

「同期との飲み会がある」とは言わない事です。

上司や先輩だと、「なんだ、俺より同期の方が大切なのか、、(イラッ)」

などと思われかねません。(実体験)

ですから、このパターンの断り文句を使う際は

「大学の友達と飲みに行く」

「取引先の人として飲みに行く」

など、社外の人と飲みに行くことにしましょう。

もうすぐ資格の試験がある・勉強したい

飲み会に行きたくない時、

「資格の試験がもうすぐあり、勉強しなければならない」

「勉強したいことがあるので、、」

などと言って断るのも有効な手です。

なぜなら、あなたがせっかく仕事で必要な知識を勉強するつもりでいるのに、「飲みに来いよ」とは中々言いづらいですよね。

まして、普段から自己啓発をする様に言っている上司であれば、尚更なはず。

この点で注意する事は、「もうすぐ資格の試験があるから」、「勉強しているから」

と話してしまうと、後から

「資格は取れたのか?」とか「知識はついたのか??」

などと、言われてしまいますから、このパターンの断り文句を使う際は、

本当にあなたが取ろうとしている資格があったり、勉強している事がある場合がベストです。

意識高い系で飲み会に行かないと言うのも有効な手段でもあるのです。

この後デートなんです笑

最後に、断り文句としては、

「この後、デートがある」

と言ってしまう事です。

この断り文句だと、あなたを誘った相手も誘いづらいですし、何より、ノリよく、

「おーデートか!行ってこいよ!!」

と送り出してくれる可能性が高いです。

僕も実際にこれで乗り切った事がありますが、大体、この後、

「デート後に進展はあったのか?」

「彼女いたの?!!」

と聞かれますが、辺な噂とかが広がっても嫌なので、適当に

「あの後、何にもなかったですよー」

とかはぐらかしています笑

この断り方も覚えておくと良いと思います。

ただし、あなた自身に普段から浮いた話がないと、後々かなり上司や同僚から突っ込まれるかもしれませんが笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新人が飲み会に行かない様になるには、飲み会に誘われないキャラを作ってしまうのが最適です。

→その為に飲み会を断り続け、ノリが悪いという印象を相手に与える事が必要

→断る5つの口実

・酒が弱くて飲めない

・体調が悪い

・先約がある

・資格の試験が近い、勉強をしたい

・デートがこの後ある

でした。

飲み会を回避して、有意義な時間を使えると良いですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です