厳しくて怖い会社の先輩から生き残る3つの方法とは?

この記事がオススメの人

  • 会社の先輩に委縮して困っているあなた
  • 先輩と合わずに困っているあなた
  • OJT担当の先輩が怖いあなた

会社で仕事をしていると上司に仕事を教わるほかに、周囲の先輩や教育係の先輩から仕事を教えてもらう事って多いですよね。

場合によっては、上司に教わるより先輩に仕事を教わることの方が多いかもしれません。

でも、そんな先輩が厳しくて怖いと、あなたのストレスになったり、仕事が憂鬱に感じると思います。

今回は会社の先輩が怖くて困っているあなたに、怖い先輩から生き残る3つの対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

会社の先輩が怖いが怖いなら無理しなくて良い

まず、会社の先輩が怖くても、無理をしなくても大丈夫です。

なぜなら、上司と異なり先輩はあなたを評価する訳でもなく、上司よりも重要度は低いからです。

 

また、年齢が若い先輩であると、まだまだ人間関係が未熟である場合がありますし、人間関係には合う合わないがもちろん存在するので、無理は禁物です。

他にも単純に性格が子どもっぽく、あなたに悪意を持って接している先輩などは論外なので、無理はしなくて大丈夫です。(いじめてくるクズみたいな先輩は論外)

あなたの為に厳しくしている先輩もいるので、よく見極めよう

後輩にとって怖い先輩は、後輩のことを考えて仕事を厳しく教えている先輩もいます。

もちろん厳しすぎてイジメやパワハラになってしまうのは許されることではありませんが、あなたの事を思って指導してくれる先輩か一度振り返るようにしてみましょう。

 

厳しくても、長期的に見たとき、厳しい先輩のもとで仕事をしていた方があなたにとって「仕事ができるようになる」などのメリットがあるので、よく先輩を見極めるようにしましょう。

 

しかし、そんな先輩であっても、どうしても合わなかったり、先輩に委縮してパフォーマンスが落ちている場合は今から紹介する3つの対処法を試してみて下さい。

怖い先輩から生き残るための3つの対処法

①上司に相談する

1つ目はまず直属の上司に相談しましょう。

仕事を教えてもらっている先輩や周囲の先輩が怖い場合、同じ上司の元で仕事をしている事が多いはずです。

ですから、まずは「あの先輩と上手くいかない」と上司に相談してみましょう。

 

上司も直属の部下同士で人間関係が上手くいっていないのは、看過できないはずですので、まともな上司であれば、きちんと調整をしてくれます。というか上司の役割でもあります。

 

特に、ただ先輩と上手くいっていないと相談するのではなく、「OJT担当を変えてほしい」とか「関わる時間を短くしてほしい」など、上司にどう動いてほしいのか伝えるとより上司も動きやすくなります。

②人事部に相談する

2つ目は人事部に相談することです。

特に直属の上司に相談しても動いてもらえなかったり、上司に相談ができない場合は、人事部に相談しましょう。

部署の人間関係が円滑に進むよう調整することも人事部の仕事なので、人事部に相談すれば、何かしらの対処をしてもらえます。

 

ちなみに、僕の同期(女)の例ですが、上司ではなく、OJTの先輩(男)が怖すぎて(非常にパワハラ気味)、やむを得ず人事部に相談したところ、他部署への異動で問題を解決しました。

 

企業規模が大きくなるほど部署数も多いため、対応もしやすいかもしれませんが、一度人事部へ相談すると問題は解決しやすいです。

③どちらかが異動になるまで待つかあるいは…

3つ目はあなたか先輩のどちらかが異動するまで待つパターンです。

上司や人事部に相談しても、状況が変わらなかったり、誰かに相談しずらい場合はこのパターンをとらざる得なくなります。

非常に忍耐がいる対処法ですが、運よくあなたか先輩のどちかが異動すれば、問題は解決します。

しかし、人事異動まで忍耐強く待つのは精神的にかなりきついですし、精神を病んでしまう可能性もあります。

 

ですから、この場合は、どちかが異動するまで待つのではなく、転職した方が良いです。

特に会社で上司や人事部に相談してもどうにもならないのであれば、我慢するか転職するか以外に対処法ありません。

20代であれば、第二新卒のタイミングもあるので転職がしやすい時期なので、思い切って転職することで解決できます。また、このまま先輩との人間関係に悩み続けて精神を病んでしまっては遅いです。

 

特に先輩との関係以外にも、給料や仕事内容に不満がある場合、転職で一気に解決できる可能性も十分にあります。

まずは精神が疲れ切って、転職活動どころではなくなる前に、転職サイトなどの転職サービスに登録し【転職という選択肢】を作ってみてはどうでしょうか。

関連記事

「どれが良い?」20代・第二新卒に役立つ3つの無料転職サービス

まとめ

怖い先輩への対処法3つ

  • 直属の上司に相談する(どう上司に動いてほしいかも伝える)
  • 人事部に相談して調整してもらう
  • どちらかが異動するまで我慢する(最悪の場合、転職)

まだまだ20代や新入社員などの場合、仕事や会社に慣れていないため、先輩との人間関係に悩んだり、合わない先輩と組まされてしまうこともあると思います。

ですので、決してあなた自身で抱え込もうとせず、誰かに相談するようにしましょう。

関連記事

長ったらしい説教をする上司はクレイジーだから落ち込むな!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です