事務からやりたくない営業に異動になったから転職するのは逃げか

事務から営業に異動になったあなたへ

事務から営業への異動は、仕事内容が内勤から外へアクティブに活動する外勤の仕事内容に変わるので大きな変化ですよね。

僕はずっと営業職ですが、事務職とは仕事内容やかかるストレスの種類も異なると感じています。

ちなみに、

  • もともと営業をやりたくなくて事務に来たのに、営業へ異動になった
  • ずっと事務のはずだったのに業績不振で急に営業へ移動になった
  • 総合職だけど、やっぱり事務から営業は嫌だ

など理由は様々ですが、あなたはどんな理由でしょうか。

この記事では事務から営業に異動するのが嫌、異動して辛い思いをしているあなたが転職するのは逃げか否かについてお話していきたいと思います。

営業に異動すると苦労する人の3つの特徴

ちなみに僕は新卒から営業を3年やっているのですが、まずは営業にあまり向かない人についてお話していきます。

今からお話する3つの項目に当てはまる項目があれば、営業にはあまり向いていないので、事務から営業への異動は悪手だと言えます。

あなたの今までの仕事ぶりや性格を振り返って考えてみて下さい。

ちなみに2つ以上当てはまる場合は事務から営業への異動はできれば避けた方が良いと思います。

①極度の人見知り

1つ目は極度の人見知りであることです。

営業は人見知りでも、もちろんできますが人見知りの度が過ぎると、営業活動が大きなストレスになり、心身を病む可能性がある為、オススメしません。

 

では、どれくらい人見知りだと厳しいかと言うと、

  • 人と接するのが本当に嫌で業務でコミュニケーションに支障をきたす
  • 社内の電話や会話ですらしたくない
  • 外部との電話なんて絶対嫌だ

というタイプの人は厳しいと思います。(かなり極端な例ですが)

 

逆に、

  • 社内外のコミュニケーションは好きじゃないけど、業務上は支障なくこなせる
  • 初対面の人は苦手だけど仕事上ならなんとか会話できる

程度の人見知りであれば全然問題ありません。

あなたが人見知りであると感じているなら、人見知りの度合いを一度自分で確認したり、家族や友人、同僚に聞いてみるのも良いと思います。

②ノルマや売り上げを追うのに抵抗がある

2つ目はノルマや数字を追うのに大きなストレスを感じる人です。

営業が他の職種や事務職と大きく異なる点は、売り上げやノルマが課せられる事です。

営業は数字をあげてナンボの世界なので、あなたが事務職へ異動するとほぼ確実に年内、月内の売り上げのノルマが課せられるはずです。

 

そして、売り上げやノルマは簡単には達成できず、達成できないと上司から圧力をかけられりするため、

プレッシャーの晒され精神的な負担が大きくなります。(慣れれば、少しはましになります)

もし、あなたがノルマに追われて仕事をするイメージが想像できない・絶対無理だ、と感じるのであれば、営業に異動すると大変な目にあうかもしれません。

③イレギュラーな事が嫌

3つ目はイレギュラーな事態に遭遇するのが嫌な人です。

営業職は事務職よりもイレギュラーな事がたくさん起こります。

なぜなら、お客様ありきの仕事だからです。

 

例えば、

  • お客さんの都合で要望が急に変わる
  • 想定していない事をお客さんから聞かれる
  • 急なトラブルやクレーム

など、時にお客さんに振り回される為、イレギュラーな事が凄く苦手な人には苦労の多い職種になると思います。

特に、一人で黙々とできる仕事しかしたくない!という人にはオススメできません。

【営業マンでも辛い】飛び込み営業とテレアポは要注意

あなたがもし営業へ異動するのであれば、どのような営業手法で営業活動をしているか一度確認してみて下さい。

すでに関係のある既存客を回るルート営業や、チラシやホームページなどからの問い合わせに対応する反響営業であれば、ハードルは比較的優しくなるのですが、

新規開拓営業で飛び込み営業テレアポ営業の場合は要注意です。

簡単に説明すると、

  • 飛び込み営業 = アポイントなしで個人宅や法人の事務所を訪問しまくる営業スタイル
  • テレアポ営業 = 直接訪問しないが、見込み客リストの電話に架電しまくりアポを取り商談に繋げる営業スタイル

 

こう書いてあると、あまりやりたくない様な仕事内容ではないでしょうか?

ちなみに、このどちらにも共通しているのが、離職率の高い営業スタイルである事です。

ですから、異動先の営業スタイルを確認しておきましょう。それだけで嫌だなと感じるのであれば尚更営業への異動は厳しいです。

結論

もし、あなたがこれから異動先の営業部で頑張れない、今すでにもう続けている気がしないと感じているのであれば、転職を考えても良いですし、決してそれは逃げではないです。

なぜなら新卒から営業職を3年やっている僕ですら営業はかなりきついからです。

 

そして、営業は合う合わないがはっきり出やすい仕事ですし、

合わない人が営業で頑張ると売り上げが出さず辛い思いをします。(売り上げが合がらないと吊し上げにする凄惨な会社もあります※ちなみに僕の会社)

 

ですから、無理に営業を続けるより自分に合った仕事へ転職することはむしろポジティブなことだと思います。

相談は無料カウンセリングがおすすめ

そして、事務から営業への異動で転職しようかと方向性に悩んでいるのであれば、転職エージェントでの無料カウンセリングで相談する事がおすすめです。

 

理由は、転職エージェントは転職のプロですので、あなたが今転職するべきか否か、カウンセリングをした上で第三者の視点からアドバイスをしてもらえるからです。

 

もし、そのまま転職するのであれば、エージェントを利用して求人紹介などの支援を内定まで無料で受けられますし、

転職しないのであれば、そのままカウンセリングで終了してもOKです。

 

ですから、今転職しようか迷っているのであれば、まず現状を打破するためにも無料カウンセリングで相談してみましょう。

また、無料カウンセリングではこのような事を相談できます。

  • 今、あなたが転職するべきかの相談
  • 希望の求人情報の紹介
  • 転職サイトに掲載されていない非公開求人の紹介…etc

ちなみにオススメの転職エージェントは

リクルートエージェントです。

理由としては、

  • 転職するべきかエージェントに相談ができる(相談だけでもOK)
  • 非公開求人を含む20万件以上の求人を保有している
  • 業界No.1のザービスのため、安心して利用ができる

など、まずあなたが今転職するべきか否か相談ができたり、転職を考えているのであれば、あなたに合った求人情報を紹介してもらえるからです。

また、リクルートエージェントは37万人の支援実績があり、

保有求人数もエージェントTOPの20万件以上の為、あなたに合った求人に出会える可能性が高くなります。

ちなみにリクルートエージェントは登録から内定まで完全無料なので、あなたに費用が発生する事はありません。

 

ですから、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。(もちろんオンラインでの相談も対応しています)

 

※費用は発生しません

 

あわせて読みたい

【転職No.1】のリクルートエージェントこそ最強である3つの理由

まとめ

いかがでしたでしょうか。

業務の内容も大きく異なる為、事務から営業への異動は合わない人にとっては大きな負担になると思います。

あなたおが無理だと思ったのなら、無理をして営業職で頑張る必要はないと思います。

異動や転職など自分に最適な環境を整えるのがベストではないかと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です