【現役営業マンより】未経験で営業職に転職するのが不安なあなたへ

未経験で営業職を目指そうとしている・未経験で営業職への転職が決まっているそこのあなた。

未経験からの営業職って不安でですよね。

今回はそんな不安なあなたを現役営業マンの僕が励ます記事です。不安なあなたの立場になって書いてみたのでよかったら読んでみて下さい。

ちなみに僕は

  • 新卒から営業を3年経験中
  • 人見知りでコミュ障(初対面の人と話すのはいまだに疲れる)
  • 普段は飛び込みやテレアポをやっている

こんな感じの営業マンです。

実際に営業職をやっているからこそ、あなたの不安を払拭できると思います。

では、はじめていきますね。

スポンサーリンク

未経験で営業職を目指す場合の5つの不安

あなたもこんなことで不安になったりしませんか?

①営業職自体が未知数で不安・耐えられるか不安

他の職種からの転職などから営業職に転職する場合、営業職自体が未知数で不安に思ってしまう場合です。

営業が未経験だと、営業職がどんなものか、自分のスキルでやっていけるのか不安になると思います。それは当たり前な事ですよね。

でも、今までの職種できちんと仕事ができていれば問題ないと思います。

ほかの仕事も業務を改善させるためにPDCAを回したり、試行錯誤をすると思いますが、営業の仕事では今までやっていた仕事とのゴールが少し変わるだけです。

ですから、あなたが今までの仕事のようにきちんと営業職でお業務の改善ができていたのなら、全然問題ないと思いますし、自信をもって営業職に挑戦して良いと思います。

関連記事

未経験で営業に転職したいあなたに4つの性格別に営業職を紹介

②結果が出せるか不安

2つ目は営業は数字や売り上げで仕事の成果が可視化されやすいので、結果がちゃんと残せるのか、ノルマはこなせるのか不安になると思います。

僕も毎月いまだにこのことは不安になります。でも、①で述べたようにきちんと仕事をして、業務を改善していけば、最初は上手く結果がついてこなくても徐々に成果を出せるようになってくるので安心してください。

よほど、売れない・需要のない商材、信用のない会社でない限り、上司や先輩のアドバイスをきちんと聞いたり、自分なりに営業のテクニックを磨いていけば結果はついてきます。

僕も最初は営業が全然ダメでしたが、改善を重ねていくうちに結果はついてくるようになりました。

営業はサボらず行動すること=数をこなす事

で結果がついてきます。

ですから、今あなたが不安に思っていても、サボらず頑張っていれば、未経験営業職でも必ず成果は上がります。

逆にサボると成果が上がらず苦しくなるので、あまりサボりすぎないようにだけ気を付けましょう(笑)

③人見知りで上手くやっていけるか不安

3つ目はあなたが人見知りで営業職で果たしてやっていけるのか不安になると思います。

営業職は人たくさん話したり、うまく営業トークしないといけないなどのイメージはありませんか?

しかし、実際は営業職においては、

  • 論理的に提案ができるか
  • 話を正確に聞ける力
  • 相手の話を引き出す為の的確な質問力

など、話すこと以上に大切な要素がたくさんあり、話すことはその力を活かす能力の一つに過ぎませんし、そもそも人見知りでコミュ障の僕でも営業が3年もできているんので問題ありません。

詳しくはこちらで詳しく書いているのでぜひ読んでみて下さい。

関連記事

コミュ障営業マンの僕が人見知りでも営業職ができると思う3つの理由

関連記事

人見知りが営業職を考えている際に確認するべき3つのこと

④プレッシャーやストレスに耐えられるか不安

営業はノルマや目標がほぼ必ず課せられます。

しかし、ノルマや目標がこなせないと上司から圧力をかけられてり、インセンティブがなく、給料が上がらない・下がるなどのプレッシャーやストレスがかかります。

この点は他の職種と比べて営業の辛いところです。

この点に関しては、営業の宿命という事もあり致し方ないのですが、こればかりは慣れるしかしませんし、営業を続けていれば自然と慣れてくるので心配ないと思います。

1つ不安対策になる事だと、ストレスを発散できる方法を見つけておくと良いと思います。やはり、息抜きのためにもストレス発散は大切です。

僕であれば、体を動かしてストレスを発散しますし、人によってはお酒や食事、買い物でストレスを発散しています。

どうしても不安なあなたはストレスを発散法を見つけておくことをオススメします。

⑤パワハラを受けないか不安

5つ目はパワハラを受けないか不安になることです。

営業職に、売り上げやノルマが達成できないとパワハラをされるというイメージはありませんか?

例えば、

  • 上司にみんなの前で怒鳴られる(吊し上げ)
  • 長い時間ネチネチと説教
  • アポや数字があがるまで帰れない

など、こんなイメージがあるのでしょうか。

ちなみに僕も成績が悪く厳しく叱責をされたことがありますが、こればかりは入ってみなければわかりません。

もし、入社してあなたがパワハラを受ける様であればすぐに逃げるべきですし、無理して続けるべきではありません。

ちなみに入社予定、面接中、気になる企業の営業でパワハラがあるのかは転職の口コミサイトで確認できるので活用してみてはどうでしょうか。

転職会議
転職会議

関連記事

【未経験者向け】現役営業マンが営業に休みがないのは本当か答えます

大丈夫です、なんとかなります

あなたが今営業職は不安でも、意外となんとかなります。

営業で一生懸命やれば結果はちゃんと出せますし、なにより不安がらずのポジティブに挑戦することが大切です。

これは僕はが一番大切にしていることなのですが、営業は辛いことや理不尽な目にあいますが、そんなときでもあえてポジティブにいられる事が大切です。

こえは実際にあなたが営業職になった時に確かめてほしいのですが、売れている営業マンは驚くほどポジティブですし、一見ネガティブに見えても根は楽観的だったりします。

もちろん、不安になったりすると思いますが、ポジティブになんとかなると思っておきましょう。上手くいかなかったら、その時考えれば大丈夫です。

まとめ

なんでも初めてのことは不安になると思いますが、この記事で少しでもあなたの不安が和らげれば幸いです。

あなたの検討を祈っています!

あわせて読みたい

法人営業と個人営業の違いからどちらが良いのか白黒つけたいと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です