個人営業はきつい!個人営業を絶対にやめておくべき3つの理由

この記事がオススメの人

  • 個人営業か法人営業どちらが良いか迷っているあなた
  • 個人営業の実情を知りたいあなた

個人営業と法人営業、どちらに就職・転職しようか迷っているあなた。

そんなあなたに向けて、営業の僕から一言、

「個人営業は正直やめておいた方が良い」です。

この記事では個人営業、法人営業を新卒から3年仕事としている僕が、なぜ個人営業は絶対に辞めておくべきかついてお伝えしていきます。

※あくまで個人的な見解なので参考程度にしていただければ幸いです。

個人営業は絶対にやめておけ!という3つ理由

まず、前提として、個人営業とは文字通り個人の一般宅などに営業をしていく営業の事を指します。

イメージとしては、個人宅に飛び込み営業や電話営業をしてアポイントをとり、商談・契約につなげる営業スタイルです。

では、個人営業をなぜやめておくべきなのか3つの理由について説明していきます。

①休日出勤が多い

1つ目は休日出勤が多いことです。

普段多くの人は平日は仕事で休日に家にいるという生活リズムです。

しかし、個人向けの営業の場合、お客様の都合に合わせて商談のアポイントを設定したりするので、土日を潰して休日出勤したりする場合があります。

もちろん、平日休みのお客様であれば休日出勤する必要はないのですが、

僕も個人のお客様と商談をする際は、土日に出勤をしたり、平日の夜に残業をして訪問したりしています。※振替休日は取得可

あなたがこの点を特に気にならないのであれば問題ないのですが、休日は絶対に休みたいというケースであれば、絶対ににやめておくベキですし、

会社によっては振替休日を取らせないブラックな会社もあるので、注意が必要です。

②新規開拓でエグい断られ方をされやすい

2つ目は、新規開拓営業(飛び込み営業や電話営業)できつい断られ方をされやすいことです。

法人営業の場合も同じ新規開拓営業はありまさが、法人営業の場合、断る側も会社の担当者や受付として対応するため、割と丁寧に断ってもらえます。(営業がしつこい場合は別)

しかし、個人営業の場合は、そんな事情はない為、いきなり、

「帰れっ!」とか「もう来るなっ!」と怒鳴られたりします。

個人営業をやっているとこのような事にも慣れ来ますが、人によっては精神的にかなりキツイことだと思いますし、普通は嫌だと思うので、個人営業はおすすめしません。

③給料が不安定になりやすい

3つ目は給料が不安定になりやすい事です。

個人営業のイメージとしては、保険や証券、不動産、ネット回線、リフォームなど様々な業種が思い浮かんでくると思います。

しかし、このような個人宅への営業は歩合制やインセンティブの比重の多い求人ばかりです。

歩合制やインセンティブの比重の多い仕事は、基本給が安く設定されがちで、営業成績が上がらないと給料が安くなってしまいます。

もちろん、成績が良ければその分稼げる為問題ないのですが、そのような人は一部だけなので、給料が不安定になりがちです。

その為、余程営業力に自信があったり、個人営業に対してモチベーションが高い人でないとおすすめできません。

また、営業がきつく給料が不安定だと離職率も高くなってしまうので、尚個人営業はおすすめし難いです。

実際、僕も不動産系で営業をしていますが、インセンティブの比重が多いわけではないにしても他の仕事よりも大きいので給料は不安定になりがちですし、離職率も高く人の入れ替わりが早いです。(特に中途採用の場合は顕著です)

個人営業にももちろんメリットはある

もちろん、個人営業にもメリットはあります。

法人営業にも言える事ですが、個人営業の新規開拓営業で結果を残し、スキルを上げていけば、どのような営業でも対応できるようになるでしょうし、

売れっ子になれば、インセンティブで一気にお金を稼ぐことができます。例えば、僕の属している建築・不動産業界であれば、年収1000万円を超えることもできます。

このようにガンガン営業スキルを上げたい、ガツガツ稼ぎたいと言う場合には良い仕事です。

【年収1000万?】不動産営業は稼げるのか、現役営業マンが解説!
不動産営業と言えば、年収が高く稼げるイメージがありますが、本当に稼げるのか気になると思います。 今回は不動産営業が稼げるのか新卒から3年不動産業界で営業職をして.....

おすすめは法人営業!

しかし、離職率・給料の安定性・ストレスなども含めて法人営業の方が個人的にはオススメです。

法人営業も決して楽な仕事ではありませんが、

休日出勤が少ない点、給料も比較的安定している点、同じ新規開拓営業であれば営業スキルも上がっていく点など、

総合的に考えていくと、個人営業よりも法人営業の方がおすすめです。

法人営業を探すなら転職サービスがおすすめ

リクナビNEXT

求人情報を探すのであればやはり転職サイトが1番です。

そして、おすすめなのが国内最大級で1,000万人以上が利用しているリクナビNEXTです。

完全無料で利用でき、リクナビNEXT限定求人が約85%です。

営業職の求人だけでも9,978件を有します。

国内最大級であるため、それだけあなたに合った求人に出会う可能性が高くなります。

▼リクナビNEXTは公式サイトはこちら
https://next.rikunabi.com/

リクルートエージェント

2つ目がリクルートエージェントです。

リクルートエージェントはリクナビNEXTと異なり、転職エージェントです。

リクナビNEXTと大きく異なる点は、あなたに合った法人営業の求人を担当者が紹介してもらえるという点。

正直、転職サイトではその企業の内部事情やブラックか否かは判断できません。

しかし、転職エージェントであれば、エージェントが求人企業の事を熟知しているので、エージェントの担当者と相談しながら企業選びができますし、

転職サイトに掲載されてない非公開求人にも応募可能です。

そして、リクルートエージェントは国内最大手の転職エージェントであり、求人数も20万件以上も保有しています。

業界大手で安心して利用ができますし、費用も完全無料です。

無料で非公開求人などの優良求人の情報を得られるのでまずは無料相談に申しんでみましょう。(相談はオンライン対応)

 

登録・利用は完全無料!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

個人営業には稼げるなどのメリットもありますが、休日出勤・給料の安定性・ストレスなどを考えると、個人営業はあまりオススメしません。

あくまで一個人のとしての考えなので、参考にでもしてもらえれば幸いです。

 

法人営業はキツいがその分メリットもある3つの理由とは??
法人営業はキツいがその分メリットもある3つの理由とは??
この記事がおすすめの人 法人営業がきついか知りたい人 法人営業の実態を知りたい人 個人営業か法人営業かで迷っている人 営業の中でも会社を相手にする法人営業。求人.....

 

法人営業と個人営業の違いからどちらが良いのか白黒つけたいと思う
法人営業と個人営業の違いからどちらが良いのか白黒つけたいと思う
この記事がおすすめの人 法人営業か個人営業が就職・転職で迷っている人 法人営業と個人営業の違いからメリット・デメリットを知りたい人 法人営業か個人営業どちらが良.....

 

「向ている仕事が分かる!」20代・第二新卒向け無料転職サイトを紹介!
「向ている仕事が分かる!」20代・第二新卒向け無料転職サイトを紹介!
この記事では自己分析が充実していて、かつ20代・第二新卒向けの転職サイトについて2つだけ紹介します。 特に僕自身が使っていて、使えるな!と感じる転職サイトについ.....

 

スポンサーリンク