20代営業職で給料が安いなら転職して年収を上げるべき3つの理由

何かと苦労の多い営業職

  • ノルマや目標達成のために上司に詰められたり
  • あれこれ新規開拓のために頑張ったり
  • 既存客との関係を維持するための定期訪問や接待したり
  • クレーム対応での苦労したり…

こんなに頑張っているのに、給料が少ないとやってられなくなりますよね。

そんな時、転職が頭によぎったりすると思います。

今回は、営業職で給料が安いとき、今の会社から転職した方がよい3つの理由をお伝えします。

スポンサーリンク

給料が安いなら転職するべき3つの理由

①今の会社では給料の大幅な伸びが期待できないから

まず、今の会社で給料で満足していない状況ですが、あなたの先輩や上司の給料はどうでしょうか。

もし、あなたの先輩や上司があなたの満足いく金額をもらっていなければ、将来あなたがもらえる給料も同じものになります。

という事は、今の会社にいてもあなたの安いと思っている給料は上がることはありません。

つまり、転職して今より給料のもらえる会社に転職する必要があるのです。

②若ければ、若いほど転職もしやすいから

2つ目は転職するにしても、20代の今であれば転職もしやすいからです。

新卒数年までであれば、第二新卒での転職で可能ですし、20代後半でも転職はまだまだしやすい年齢です。

一般的に年齢が上がれば上がるほど転職は難しくなっていく(30代、40代)ので、給料が安いと感じていて、今後も上がる見込みがないのであれば、転職するべきです。

 

また、20代の間は独身で給料が安くても特に困ることはないかもしれませんが、今後結婚したり、子供ができたりしたとき、給料が安いと経済的に困るかもしれません。

ですから、今の若いうちに転職する必要があります。

③今の会社や業界が給与水準が低い

3つ目は同じ営業職でも業界を変えて転職すれば、今より年収が上がる可能性があります。

例えば、アパレルの営業職から金融業界の営業職に転職すれば、今より年収が上がった、などのパターンです。

 

具体的には【2020年最新版】業界・業種別平均年収ランキング【令和版】によると、

1位のコンサルティング業界・平均年収1039万円と20位のジュエリー業界・平均年収430万円では平均年収の差に600万円ほどの差があります。

つまり、今あなたの給料が安いと感じるのはあなたに問題があるのではなく、そもそも今の会社や業界の給与が低いため、あなたの給料が上がらない可能性があるのです。

 

また、営業職に関わらず、他の職種(企画・マーケティング職、人事、総務)などに転職することでも年収が上がる場合があります。

ですから、今の業界自体の給与水準が低い業界でも業界を変えるや、業界と職種を変えることで今より年収を上げることができます。

・おすすめ転職サイト

→リクナビNEXT

 

・おすすめ転職エージェント

→マイナビジョブ20’s

給料の高い業界3つ

では、今回は簡単に営業職で給料の高い業界を3つ紹介します。

①不動産業界

1つ目は不動産業界です。

デベロッパーやマンション販売、ハウスメーカー、土地活用など様々な業態がありますが、不動産業界は給料が高いことで有名です。

他の業界と比べて扱う商材の値段も高く、何千万、何億円のものを扱うため、インセンティブで反映される金額も多くなります。

僕も土地活用の営業職(あまりオススメはしない)で新卒から3年働いていますが、契約ができれば、年収が1000万円を超える営業マンもいます。

ちなみに不動産業界全体での平均年収は446万円です。

データ元:https://career-picks.com/average-salary/hudousan-nensyu/

・おすすめの不動産業界に特化した転職サービス
不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】

・リクナビNEXTで求人情報を探してみる
→不動産業界の求人情報を探してみる

②金融

2つ目は金融業界です。

金融業界の年収が高いのは有名ですよね。業態としては、銀行や生保、損保、証券、リース、カード会社など様々です。

特に生保や証券は営業ノルマが厳しく、営業もバリバリの新規開拓で大変なイメージがありますが、その分結果を出せば給料に反映されます。

ちなみに金融業界全体の平均年収は440万円です。

データ元:https://career-media.net/11820/

→金融業界の求人情報を探してみる

③MR(医療業界)

3つ目はMRです。

MRとは製薬会社に勤務し、自社の薬品を医者や薬剤師へ営業するお仕事です。こちらも平均年収が高いことで有名です。

年収が高く、薬品の営業の為、人のためになるイメージがあるお仕事ですが、取引先が医者になることが多く、医者という社会的地位の高い人との取引で苦労する場合が多いようです。(世間知らずや高慢な人が少なからずいる?)

営業の中でも取引先との関係の維持や気遣いが得意な営業マンには向いている営業職です。

ちなみに平均年収は661万円と不動産、金融を大きく上回ります。

データ元:https://www.nenshuu.net/shoku/any/mr.php

→MRの求人情報を探してみる

営業職以外でも20代なら転職できる可能性が大

先述の通り、営業職以外でも20代であれば、未経験の職種への転職が可能です。

・他の職種で自分の可能性を試したい

・もっと稼げる職種に転職したい

・ノルマや数字に疲れたから、営業以外の仕事に転職したい

などの場合、未経験の職種に挑戦することで今の問題をクリアできるかもしれません。

特にもう営業はやりたくないけれど、営業しかやったことがなく、営業での転職しか考えた事はなかったというあなたは一度、未経験の職種に挑戦してみてはどうでしょうか。

関連記事

第二新卒で飛び込み営業からノルマのない仕事に転職するなら?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現在あなたが営業をやっているのに、給料が低いのは現在の会社や業界の給与水準が低いからかもしれません。

その場合、転職で給料はアップできる可能性が十分にあるので、転職も視野に入れてみるのはいかがでしょうか。

関連記事

【営業職】稼げる会社に就職した25歳の僕がその実情を話そうと思う

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です