20代が工場勤務を辞めたくなる5つの理由

工場勤務をしていると仕事内容や仕事のハードさから工場勤務を辞めたくなることがあると思います。

特に今の時代の流れの移り変わりが早い時勢だと、20代でも将来の事をよく考える時代なので、今後の進路についても悩みますよね。

今回は20代が工場勤務を辞めたくなる理由について調べてみました。

スポンサーリンク

20代が工場勤務が辞めたくなる5つの理由

①肉体的にきつい

1つ目は肉体的にきついことです。

工場勤務の場合、シフト制で休みが不規則だったり、工場が24時間稼働していると夜勤が発生します。

夜勤があると、昼間の仕事だけの場合より、生活リズムが乱れ睡眠不足になったり体調を崩したり、体への負担が大きく、工場勤務を辞めたいと思ってしまう一因になってしまいますし、

 

工場勤務の場合、立ったままの仕事であったり、重い物を持ったり、肉体をガンガン使っていきます。立ちっぱなしの仕事は足がパンパンになりますし、

重い物を持つ場合は腰にきたりします。事務系の仕事に比べると工場勤務の方が肉体的にシンドイのは間違えなく、「きついし、他の仕事に移りたい」と感じてしまいます。

 

毎日立ち仕事だと、20代の頃は良いかもしれませんが、30代、40代と年を重ねていくと、仕事を続けていけるか不安になったりしますよね。

②単調な仕事が多く、飽きる

工場勤務の仕事はモノを作るお仕事ですが、ライン作業などの場合、毎日決まりきった作業をすることになるので、仕事に慣れてしまうと飽きてしまいます。

ルーティーンワークが得意で黙々と決まった仕事をこなすのが苦にならない人なら良いのですが、

刺激が少なく物足りないと感じる人や、もっとイレギュラーな事のある仕事をしたいと感じてしまう人にとってはつまらなく感じてしまうので、辞めたくなる原因になってしまいます。

③給料か安い

会社によって差はありますが、工場勤務の場合、給料が低く辞めたくなる一因となる場合があります。

 

例えば、20代の男女の平均年収は346万円と言われているのですが、

工場勤務の場合、20代の平均年収が254万円と、同年代と比べて約90万円の差が生まれています。

 

もちろんこの差は年齢を重ねていっても埋まる事がなく、

将来の事を考えたり、現在の年収に満足していない、足りないと感じる人は、「もっと稼げる仕事に転職したい」と考えてしまいます。

 

もちろん誰だって、今の仕事より転職して稼げるのであれば辞めたいと思うのは当然の事なので、給料の額で辞めたくなるのは必然です。

 

参考資料:https://heikinnenshu.jp/kininaru/20dai.html
https://heikinnenshu.jp/tokushu/seizogyo.html

④評価が曖昧に感じる

4つ目は評価に不満を感じる点です。

工場勤務の場合、営業職のように売り上げや成績で人事評価がはっきりわかるものではなく、

仕事の性質上、評価の基準があいまいになりがちなので、頑張って仕事をしているのに給料が上がらない、査定の仕方が謎、などの不満を感じる事が多くなってしまいます。

そう感じていると、もっと評価が明快な営業職や自分より評価してもらえる仕事に転職しようという気になってしまいます。

⑤将来が不安

5つ目は将来に不安を感じる事です。

 

工場勤務は上記が挙げて通り、給料の点や、肉体的な厳しさから将来的に仕事を続けていけるのか将来設計を考えたときに不安に感じたり、

ルーティーン作業が多く、スキルが身につかないと感じる事や、AIやロボットに工場の仕事を代替される可能性があることからも、

 

未来に対して不安を感じ、より給与が高く、長く続けられ、市場価値が高いスキルがつく仕事に転職しようと思い、工場勤務を辞めたくなってしまいます。

 

特に20代でこれからどんな人生を送ろうか考えている時に、「今のままじゃやばいかも」と感じ、工場勤務から別の仕事へ変わろうと思うケースもあります。

関連記事

工場勤務から営業へ転職する5つのメリットとは?未経験でも大丈夫?

まとめ

①立ち仕事や夜勤で肉体的を酷使するから

②ルーティーンワークが多く、退屈に感じてしまうから

③平均年収より給与水準が低いなど、経済的な原因から

④仕事の成果が分かりづらいため、評価基準が曖昧に感じるから

⑤スキルや給与などの点から将来への不安を感じるから

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です