部下を教育しない放置プレー上司に20代若手がするべき3つの対策

仕事を一生懸命していると、中々仕事が覚えられなかったり、上手くいかないことってありますよね。

でも、上司が仕事のことを教えてくれなかったり、面倒も見られずに放置プレーをされると、中々仕事もうまくいきません。

僕も新卒で入社した後、上司が部下を放置するタイプだったので、めちゃくちゃ困りました。

今回は20代若手のあなたを放置する上司への原因と対応策を紹介していきます。

スポンサーリンク

なぜあなたの上司は部下を放置する?

まず、なぜ上司が放置プレーするのか、原因を少し探ってみましょう。

①忙しくて面倒が見られない

1つ目が普段から仕事で忙しくて部下の教育どころではないからです。

上司も管理職であるにも関わらず、プレイングマネージャーとして数字も同時に追わなければならなかったり、

そもそも管理職の業務が膨大で上司自身の仕事で手一杯になっている場合です。

 

そうなってくると、部下に構っていられず、自らの評価の為にも自分の業務で精一杯になり、部下の教育ができなくなります。

もし、あなたの上司がいつも忙しくしていたり、話しかけるすきがないなら、普段の業務で忙殺されてるからかもしれません。

②教育する気が更々ない

2つ目はそもそも部下の教育をする気のない上司です。

別に忙しい訳でもなく、あなたの教育に関心がないため、放置しているというパターンです。

この場合、上司自体に問題がある場合もありますが、

そもそもあなたの会社が新人に教える習慣がなく、上司も新人や若手に教育をしないのが当たり前と思っている可能性があります。

 

ですから、あなたの上司には最初から部下を教育する概念がなく、そもそも会社の社風自体に問題がある可能性が高いです。

ちなみに僕の勤めている会社も部下や後輩を教育する社風がもともとなく、離職率が比較的高い会社です。

③あなたの事を嫌っている

3つ目はあなたのことを上司が嫌っているパターンです。

このパターンはいい歳をし大人げないと感じますが、やはり人間には相性があったり、性格の悪い人間もいるので、上司があなたを教育しないのは、あなたのことを嫌っているからかもしれません。

 

特に、話しかけても無視をされたり、相談ごとに乗らない、など他の人と比べて扱いが悪い場合は、上司があなたのことを嫌っているかもしれません。

この場合は、あなたがいくら上司に仕事のことを相談したり、何かを教えてもらおうとしても、上司が完全にあなたに教育する気がないので、人事部に相談して部署移動などを願い出た方がいいです。

スポンサーリンク

あなたが他にとるべき3つの対策法

でも、上司に放置されていては仕事が覚えられなかったり、うまく仕事ができなかったり、職場でも居づらくなってしまします。

では、そんな放置プレーをする上司にはどう対処したら良いのでしょうか。

①信頼できる先輩に相談する

1つ目は信頼できる先輩に相談することです。

上司があてにならないのであれば、先輩に相談してその人から仕事を教えてもらうという訳です。

 

相談する先輩は、世話好きな先輩や仲の良いあなたに仕事を教えてくれそうな先輩を選びましょう。

また、必ずあなたの上司に相談したことがバレない、口の固い先輩に相談するようにしましょう。

 

ちなみに、いつも忙しそうで後輩に興味のない先輩に相談してもあまり意味がないで、そこは要注意です。

②人事に相談する

2つ目は人事に相談することです。

上司はもちろんあてにならない、先輩も相談できる人がいない、という場合、人事に相談してみましょう。

人事は社内の職場環境の調整をするのも仕事の一つですので、あなたが人事に相談すれば、人事異動など何かしらの対応をしてもらえるはずです。

 

人事に相談するのはハードルが高いかもしれませんが、先輩も上司も頼りにならないのであれば、一度相談してみましょう。

関連記事

あなたが上司と合わないなら、異動するべき3つのパターン

③転職する

3つ目は転職です。

先輩に相談もできない、人事に相談しても無駄だったという場合、転職も考えましょう。

あなたが自分で頑張って仕事を覚えようとしても上司が放置してうまくいかない様であれば、転職をし解決しようという事です。

あなたが自分で努力をして今の状況を解決しようとして、解決できないのであれば、あなたにできることは「職場を変える」ことだけです

 

特に20代や新卒、若手の人たちであれば、第二新卒などで転職しやすい年齢にあります。

今の職場にいても仕事が上手くいく可能性が低いとあなたが感じるのであれば、20代の貴重な時間を無駄にしないためにも転職をして、働く環境を変えましょう。

あわせて読みたい

「無料で使える!」20代・第二新卒向け最強の転職サービス3選!

新卒2年目の時、僕が放置プレー状態を改善させた方法

僕も新卒入社後、上司に放置されていました。

というのも、その上司は社内でも有名な部下を放置するタイプの管理職だったからです。

ですから、新卒2年目の途中までは上司が仕事を教えてくれることはかなり少なかったので自分から先輩に教えてもらいに行ったり、自分で考え工夫していました。

しかし、中々数字も上がらず(営業職なので)どうにもならなかったので、信頼のできる先輩に相談し、見かねた先輩が私について教えてもらうことになりました。3年目の今ではなんとか仕事もうまくできる様になりました。

ですから、あなたが今、上司に放置されて困っているのなら、自分ひとりで抱え込まずに誰かに相談した方がいいです。

やはり自分ひとりでできることは限界があるので、勇気を出して誰かに相談してみましょう。

さいごに

上司に放置されると仕事が上手くいかず焦る気持ちや、ときに上司を恨む気持ちもあると思います。

もし、あなたが自分で努力をしてうまくいかないのなら、あなたのせいではなく環境が悪いのです。

臆せず誰かに相談したり、転職をして職場の環境を変えましょう。

関連記事

新卒3年目の僕が実践した合わない上司への3つの対策

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です