粗探しばかりしてくる面倒な上司なんて相手にするな!

この記事がおすすめの人

  • 上司に粗探しばかりされてウンザリしているあなた
  • 粗探しばかりされて疲れているあなた
  • 粗探しばかりする上司がうざいあなた

上司に指導されるのは当たり前のことですが、行き過ぎた指導、粗探しばかりされるとうんざりしますよね。

でも、粗探しばかりしてくる上司にする必要がない理由や粗探しへの心の持ち方について考えていきます。

スポンサーリンク

粗探しばかりしてくるクソ上司を相手にしなくて良い3つの真実

まず、前提として、上司にミスや不足部分を指摘された際は、素直に認め、その後の業務に活かすことが大切です。

しかし、それらの”指導”を大きく超える”粗探し”について、今回は考えていくことにします。

①粗探しで仕事が進まない

1つ目は粗探していても仕事が進まないからです。

もちろん、仕事を進めていく上でミスを見つけて指導し正しい方向へ導いていくのが上司の役割ですし、ミスを修正していくのはとても大切な事です。

でも、ミスを見つけるだけ見つけて、ネチネチ説教をされると仕事が止まるんだよぉぉ!

という事です。

ミスを見つけて過剰に部下をネチネチ説教したり、ミスを修正したら、またその修正のミスを探して、またその修正のミスを探して…(エンドレス)とやっているといつまで経っても仕事が終わりません。

もはや他の業務に時間を割くことができず、他の仕事にまで支障がでるレベル…

 

僕も上司の粗探しによって書類が一週間も承認してもらえない事がありました。僕も落ち度ももちろんありますが、本当にいい加減にしてほしい…

9割できているのに、残り1割に難癖をつけられていつまでも終わらないこのパターン、本当に非効率で無駄にです。

②完璧に仕事をこなすのは時には無理だから

2つ目はシンプルに完璧に仕事をこなすのは困難だからです。

あなたよりも経験も知識もある上司からすれば、粗はたくさんあるものですし、新入社員や社歴が浅い場合は、ミスなく仕事をこなせるはずがありません。

ですから、粗探しなんかされても困るのです。それなら粗探しをする分、その分の指導をしてほしいものです。

 

逆に経験を積んで来たり、慣れてきた若手などであっても、人間ですから完璧に仕事をできる訳がありません。どんな人間にも足りないことがあって当然なのです。

しかし、それをわざわざ探して、ネチネチ文句をつけるのは、全くもって性格が壊滅的です。

 

ですから、わざわざ粗探しをして、あなたを攻撃してくるアホ上司の相手などはしなくて良いです。あなたがその上司の粗探しをすれば、絶対アラが見つかります。

③上司自身の評価のためだから

大体、粗探しをしてくる上司って、暇そうじゃないですか?

必要以上にミスを探して、執拗に攻める上司ほど、机に座って暇そうにしています。

粗探しをして、人のミスを探すのって意外と時間がかかります。それもネチネチいつまでもミスばかり探していると尚更です。

それはつまり、そんな上司は暇で粗探しくらいしかやる事がないと言うです。

 

でも、暇なら何もしなければいいじゃんと言う訳にはいきません。なぜなら上司にも上司の評価があるからです。

上司も椅子に座って暇そうにしているだけでは、上の人に「あいつは仕事をしているのか」と思われてしますので、仕事をしているように見せる必要があります。

 

そうなると、どうするのかは簡単です。部下の粗探しをして、部下を呼び出し、パワハラまがいに指導をしてさえいれば、簡単に仕事をしているっぽく見えます。

そして、その分僕らの業務は滞り、残業に突入していきます。

 

上司のタイプにもよりますが、所詮粗探しばかりしてくる上司なんてその程度のもので、要らない仕事を自分の評価のために作る存在です。(ミスの指導という大義名分のもとに)

ですから、粗探しばかりしてくる上司なんて相手にする必要はありません。無駄な残業と仕事を作るだけなのですから

粗探しばかり上司への心の持ち様3パターン

①なんだかんだポジディブに捉える

1つ目は、粗探しばかりしてくる上司について、相手にせず「指摘ばかりしてくるのなら、逆に利用してしまおう」と考えてしまう方法です。

粗探し上司は面倒でうざったいものですが、裏を返せば、あなたの不足分を少なからず指摘している訳なので(嫌がらせでないのなら)、粗探しを利用して自分の仕事のクオリティーを上げることは十分に可能なはずです。

 

上司の粗探しにイライラするのではなく、逆手にとって自分の為にしてしまうのは非常に有効だと思います。

しかし、嫌がらせによる粗探しや、僕の様に心と器量が狭い場合は次の心の持ち方の方が良いと思います。

②クソ上司を見返す

2つ目は、「クソ上司を見返す」と開きなおるパターンです。

とにかく、嫌がらせと言わんばかりの粗探しばかりしてくる上司には、仕事がバリバリできる様になって見返してやりましょう。

そうです、上司の粗探しなど意味をなさなくなるくらい仕事で結果を出してしますのです。

それくらい、反骨精神をもって仕事に臨む方があなたや僕のような多くの人には良い傾向です。また、何より自分のキャリアアップにもつながります。

③もう疲れ切っている場合

しかし、場合によってはもう粗探し上司の顔なんて見たくない、一緒に仕事もしたくないと言うこともありますよね。

その場合、粗探し上司を利用したり、開き直ることも難しいはずです。

そのような時は、異動や転職などを考えましょう。特に社内で異動ができるのであれば、異動で十分に今の環境を変えることができます。

 

逆に異動ができない・数年待たなければならない場合は、転職を考えてみてはどうでしょうか。

”粗探し”も度を超すとパワハラに十分なりますし、うつ病など精神を病んでしまう可能性もあります。

 

そうならない為にも転職は解決手段としては有効です。しかし、いきなり転職するのは無理なので、まずは第三者に今のあなたの状況を相談してみてはどうでしょうか。

なぜなら、転職をした方が良いか否か、などのあなたの今後のキャリアについて的確なアドバイスが貰えれば、現状が好転するかもしれないからです。

 

そのため、今のあなたを分析してもらうためにも一度転職エージェントに相談する事がおすすめです。

転職エージェントであれば無料カウンセリングであなたのキャリアや転職するべきか否かなど転職のプロから的確なアドバイスを貰えるからです。

そして、もし転職するのであれば、そのまま転職支援も受けられスムーズに転職へ進んでいくことができます。

 

ちなみにオススメの転職エージェントは、

dodaです。

おすすめのポイントは3つあります。

dodaのオススメポイント3つ

  • あなたが転職した方が良いか、など今後のキャリアについて無料カウンセリングで相談ができる(オンラインでの相談も可)
  • 非公開求人含む10万件以上の求人数(業界第2位)
  • 転職サイトと転職エージェントの両方の機能が使える

以上の3つの事からdodaがおすすめです。※無料で利用ができる為、あなたに費用は発生しません。

 

特にあなたが転職するべきか否かで相談ができますし、

仮に転職したいとなった時に、10万件以上の求人をdodaは保有しているため、優良求人に出会える確率が一気に高くなります。

また、他のエージェントとは異なりエージェントのサービスだけでなく、転職サイトと転職エージェントの両方の機能が使えるため、機能も他のエージェントより充実しています。

 

まずはdodaであなたのキャリアについて無料カウンセリングで相談してみてはどうでしょうか?※オンラインでの相談も可

※費用は発生しません

→doda公式サイト

 

あわせて読みたい

転職サイトと転職エージェントの違いとは?どちらがオススメ?

あわせて読みたい

「無料で使える!」20代・第二新卒におすすめの3つの転職サービス

結論:粗探しってただ非効率的なだけじゃね?

ミスや足りない部分を指摘されたときは素直に自分の非を認め、直すべきですが、過剰な粗探為は、ただの非効率的な行為です。

なぜなら、部下のミスや不足部分の修正という錦の御旗を盾に、部下を過剰に責めたり、仕事を増やしたりします。

 

それは、上司にその意図がなくても、部署や部下の円滑な業務の邪魔をしたり、モチベーションを落とさせたり、必ずデメリットが生まれます

むしろ、粗探しによるミスの修正や意識の改善などはそのデメリットに簡単に吹き飛ばされる訳ですから、ただただ無駄です。

 

ですから、上司の粗探しなんて真に受けたり、相手にする必要なんてないのです。

関連記事

長ったらしい説教をする上司はクレイジーだから落ち込むな!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です