仕事でミスを隠すとロクなことにならないから正直に白状しようぜ

あなたは仕事でミスをすると、

「あーーー!!やっちまったぁああ!!」

と、青ざめてミスを隠したくなることはありませんか?

僕もその気持ちはよく分かるのですが、ミスを隠すと大概ロクな目に合わないのでオススメしません。(いろいろ経験済)

今回は、なぜミスは隠さずに正直に言った方が良いのかお伝えしていきます。

 

この記事をオススメするひと

  • ミスを正直に報告できず悩んでいる人
  • ミスを隠していて報告しようか悩んでいる人
  • いつもミスを放置してしまう人
スポンサーリンク

仕事でミスを隠したくなる3つの理由

①怒られるのが怖い

やはり、ミスを隠したくなるのはミスを報告したりして、上司や先輩に怒られたり、嫌味や説教されるのが嫌だからですよね。

僕もミスをして、上司に「ミスをしました」と報告すると、説教や理由を深く詰められるので、正直ミスをしても報告するのが怖いです。

ちょっとしたミスや些細なミスならともかく、重大なミスに気付いて上司に報告するのって後で何か言われないか、怒られないから怖くなりますし、

ミスによっては顧客に迷惑がかかったり、謝罪が必要になるので、ミスを上司に報告するのにも勇気が要ります。

②恥をかきたくない

2つ目はミスをすることで恥をかきたくないからです。

ミスをして上司の怒れたりすのも怖いですが、ミスをして恥ずかしい思いをする為、ミスを隠したくなります。

僕もしょうもないミスや普通こんなミスしないだろうというミスを上司や先輩に報告する際、不甲斐なさすぎたり、くだらなさ過ぎて、報告が恥ずかしくなります。

特にプライドが高い人だったり、ミスの報告があまりにもくだらないと、ミスを報告するのが恥ずかしくなり、ミスを隠したいな…と思ってしまいます。

③修正するのが面倒

3つ目はミスを修正するのが面倒だと思うことです。

仕事が忙しくて業務が溜まっていたりすると、そもそもミスを報告して、修正するのが面倒になることはありませんか?

特にミスの修正が面倒な書類だったり、手続きや関係部署の連絡が面倒な仕事だとミスの報告や修正が後回しになってしまいますし、

忙しくて、あとでミスの修正はいいやと思っているとミスの報告が遅れたりして、結果的にミスを隠すことになってしまいます。

 

僕も他の業務で忙しくてミスの修正まで手が回らないと、ミスの修正すらわすれてしまい、後々大変なことになったことが数回あります…苦笑

関連記事

つめの甘い僕が仕事のミスを減らす為にした5つの対策とは

マジでミスを隠すとロクなことにならないから正直に白状するべき3つの理由

①早い段階ならミスも修正しやすい

1つ目は早い段階でミスに対処すれば修正もしやすく、重大なミスにつながりにくいからです。

ミスは基本的に放っておくと、どんどん面倒な事になります。まじで。

 

仕事の期限が修正されずに来てしまったり、顧客への報告が遅れて信頼を失ったり、上司から放置していた事をろくなことになりません。

また、ミスを早い段階で隠さず報告した方が対策や修正も打ちやすく、迅速に対応でき、ダメージを最低限まで抑えることができます(あなたの信頼も含めて)

ですから、どんなミスでも早めに報告して修正しましょう。本当に。

②あなたが信頼を失ってしまうから

2つ目はミスを隠す事であなたが信頼を失ってしまうからです。

あなたに仕事を任せたのに、ミスを隠して、後々トラブルになってしまった場合、仕事を任せて人はあなたに次も仕事を振りたいと思うでしょうか。

答えはNOなはずです。

 

ミスを隠すと、あいつに仕事を任せると何をしでかすか分からないと思われてしまいますし、そのような評判が社内でも広がれば、あなたの社内での評判もがた落ち、昇進や昇給にも響くかもしれません。

むしろそれなら、ミスをしても早めに報告してくれる人の方が仕事において遥かに信頼を置けるので、次も仕事を任せてもらいやすくなりますし、評価もがた落ちすることはありません。

ですから、あなたが上司や先輩、同僚からの信頼を失わない為にもミスを隠すのは絶対止めましょう。バレてからだと、本当に信頼を失います。

③放っておくと言えなくなるから

3つ目はミスを隠して放っておけば放っておくほど、ミスをしたと報告しずらくなります。

ミスをし、やばいと思って隠して放置しておくと、後で報告しようと思っていて気づいたら時間が経っていて、今さら報告しづらいという面倒な事が起こります。

ミスを放置してから報告しようものなら、当然上司に怒られたり、説教されたり、会社に損害を与えたりと、ろくなことになりませんし、上記の②の信頼を失う事にもつながります。

ですから、ミスは隠し放置することなく、早めに報告しましょう。

関連記事

頑張っているのに仕事でミスばかりで辞めたくなっているあなたへ

人間だからミスは仕方ない

これまで、ミスを隠すとロクなことにを説明してきましたが、あなたも僕も人間なのでミスは必ずします。なんでもかんでも上手くいく事はなく、ミスが起こるのは当たり前です。

ですから、ミスをしたことを恥ずかしがったり、隠す必要はありませんし、ミスをしてからどう対処するのか、どう取り返すの方が大切です。

 

僕も社会人を3年ほど経験したばかりですが、仕事をミスなくこなすことも大切なスキルですが、ミスをしてからリカバリーする力も大切なスキルだと思います。

理由は簡単で人間が仕事をしているため、ミスは大なり小なり必ず起こり、その対処を自分でする必要があるからです。

そして、ミスの対処を何度も経験する事で社会人としてのスキルも上がっていきますし、社会人としての経験値も増えていきます。

 

もちろん、ミスをした際はミスを隠したくなる気持ちも分かりますが、ミスをどうリカバリーするか、対応力を高められるチャンスとしてプラスに捉えられると、ミスとより向き合いやすくなると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です