不動産業界でノルマのない2つの楽な仕事を紹介!

不動産業界の仕事と言えば、不動産営業など大変なイメージがありますよね。

しかし、不動産の仕事でも楽な仕事ってないのでしょうか。

この記事では現役の不動産営業マンが不動産の仕事でも、ノルマがなく比較的楽と言われる仕事を調べてみました。

ノルマがなくて楽な不動産の仕事2つ

不動産の仕事でノルマや売り上げに追われるのが嫌だと感じると以下の2つの仕事がおすすめです。

不動産管理

1つ目が不動産管理の仕事です。

不動産管理の仕事は、ビルやマンションなど建物の

  • 入居者の募集
  • 賃料の回収
  • 建物の設備の管理
  • 入居者の対応…etc

業務は多岐に渡ります。

もちろん、不動産営業の仕事ではないためノルマはありません。

また、建物のオーナー(大家)向けの対応があります。その他にも、入居者を集めるための宣伝活動や、入居者間のトラブル対応、クレーム対応、建物のメンテナンスなど、幅広い業務があります。

その中でも特に、オーナー(大家)の対応やクレーム対応が人間関係に左右されるためにキツいと感じるようです。

しかし、不動産の仕事の中でも不動産管理はストレスが少なく働け不動産業界では楽な部類の仕事に入ります。(ノルマがない時点でかなり良さそう)

ちなみに不動産管理の仕事の年収は全世代平均で452万円で、当然ですが、会社によって年収は大きく変わります。

※参考データ:https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/251

お休みに関しては、通常の不動産会社と同じく土日休みではなく、平日がお休みになる場合が多いようです。

ちなみに同じ不動産系の土地活用業界で働いている僕(ノルマ有)から見ると、ノルマがなく、若干でも経験が活かせる不動産管理の仕事はかなり魅力的です。

仕事でビル管理会社の方とお会いしたことがありますが、ノルマもなく不動産営業よりは全然マシと伺ったこともあるので、不動産系で働きたいけれど、営業ノルマだけは何としても避けたい(多少のストレスは良い)場合にはピッタリな仕事かもしれません。

不動産事務

2つ目は不動産事務の仕事です。

不動産事務の仕事は、不動産営業のサポートの業務が主な仕事になります。

  • 受け付け・問い合わせへの対応
  • チラシの作成や業務データの管理、PC作業
  • 契約書や重要事項説明書の作成・説明(宅建士資格の保有者のみ)…etc

などがあります。

もちろん、事務職なので営業ノルマなどはありません。

上記に挙げた2つの点を見ると一般的な事務職とあまり変わりがないように見えますが、宅建士の資格を持っていると、「契約書や重要事項説明書の作成・説明」の業務が行えます。

他にも一般の事務のように、雑務などや頼まれごとのお仕事もあるようですが、特に宅建士をもっていると、有利に働く仕事です。

ちなみに、年収の相場としては正社員の場合は389万円です。

※参考データ:https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E4%BA%8B%E5%8B%99%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

ちなみにお休みは、一般的な不動産会社に合わせた休みになってしまうため、土日休みではありません。

個人的(宅建士の資格なし)には、未経験で宅建の資格がなくても、業務にあたりながら知識を蓄え、宅建士を取得し、よりスキルを上げていくような働き方ができる点が魅力的です。

転職には不動産業界特化の転職サービスがおすすめ!

ちなみに不動産業界へ転職したい場合は、不動産業界でへの転職へ特化した

宅建Jobエージェント
(完全無料)

と言う転職サービスがおススメです。

 

宅建Jobエージェントは、不動産管理・不動産事務を始め、不動産業界の求人紹介や転職相談ができる転職サービスです。

一般的の転職サービスよりもより不動産業界への転職に特化しているため、不動産業界への転職にも有利に進めていくことができますし、不動産専門の転職サービスなので、あなたに合った求人も見つけやすいです。

忘れてしまう前にまずは、無料カウンセリングに行ってみてはどうでしょうか。

ちなみにカウンセリング・求人紹介・面接対策など、全てのサービスが無料で使えます。

 

▼宅建Jobエージェント公式サイトはこちら

 

詳しく知りたい

【無料!】不動産業界への転職に特化した「宅建Jobエージェント」とは?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

不動産の仕事において、ノルマがなく楽な仕事は、

  • 不動産管理
  • 不動産事務

の2つでした。

しかし、楽とは言われていますがどの仕事もツラい点があります。楽と言われていてもあなたに合った仕事かは分からないため、転職サービスや口コミサイトでよく調べましょう。

▼不動産業界向け転職サービス

▼おすすめ企業の口コミサイト

 

あわせて読みたい

【年収1000万?】不動産営業は稼げるのか、現役営業マンが解説!

あわせて読みたい

【きつい?】不動産営業はブラックなのか現役営業マンが実情を回答!

スポンサーリンク