パワハラ上司にみんなの前で怒られて心が限界なあなたへ

この記事がオススメの人

  • 毎日みんなの前で怒られて辛いあなた
  • みんなの前で叱られた時の対処法を知りたいあなた
  • なぜあなたの上司がみんなの前で怒るのか知りたいあなた

仕事中にみんなの前で怒られると恥ずかしいですし、辛いですよね。

僕も社会人4年目ですが、パワハラがまだある会社で仕事をしているので何度もそのような目にあってきました。

この記事では、僕の実体験からみんなの前であなたを叱る上司の特徴とその対処法について考えていきます。

みんなの前で怒る上司の特徴3選

まずは大勢の前で怒る上司の特徴3つです。

①問答無用でその場で怒るタイプ

1パターン目が問答無用でその場で怒るタイプです。

このパターンの上司は、その場でミスを指摘してくれるのは良いのですが、

ミスをした瞬間、いきなりみんなの前で怒られるためビックリしてしまいますし、

ミスをする度に怒鳴られたり、叱られるとこちらも萎縮してしまい、精神的なストレスが半端ないです。

ちなみに僕の上司はこのパターンなのですが、今は慣れたものの未だに萎縮してしまいます。

②自分の威厳を見せつけたいタイプ

2つ目は人前で叱る事で自分の威厳を周囲に見せつけたいタイプです。

このタイプの上司は自分に自信がなく、周囲や部下を威圧するこで、上司と部下の上下関係を植え付けようとしたり、

上司のさらに上の偉い人に、分かるようにみんなの前で怒ることで部下の指導をしているアピールをします。

③ストレス発散するタイプ

3つ目が一番たちが悪いのですが、怒ることでストレスを発散するタイプの上司です。

部下の事も何も考えていない最悪なタイプの上司ですが、このタイプの上司は上司と部下の力関係を良い事に部下に大声で怒ることでストレスを発散します。

特にこのタイプは無駄に自尊心も高かったりするので、「②ので自分の威厳を周囲に見せつけたいタイプ」を兼ねていたりします。

ちなみに僕も②と③の両方の特徴の上司の下で仕事をした事がありますが、モチベーションも下がりますし、上司も尊敬できないので最悪です。

みんなの前で怒られた時の3つの対処法

まずあなたに理解してほしいのは、あなたにいくら落ち度があっても、みんなの前で何度も何度も大声で怒鳴ったりするのはやりすぎですし、内容によってはパワハラに当たります。

そして、そのような部下の気持ちも理解できないあなたの上司が悪いのであって、あなたは自分の落ち度さえ反省すればそれ以上に悪くはありません。

つまり、”わざわざ” みんなの前で怒られる事はあなたの責任ではない」と言う事です。

①落ち度があなたにあるなら、まずは真摯に反省しよう

あなたに落ち度がある場合はまずはきちん反省をしましょう。

いかんせん、あなたに落ち度があるため怒られること自体は仕方のないことです。

怒り方には問題があるかもしれませんが、怒られた事を次から繰り返さないようにするためにメモを取ったりして、次からは気をつけるようにしましょう。

②心を無にして耐える

2つ目はみんなの前で怒られている間は心を無にしましょう。

いくらみんなの前で怒られるのが嫌でも、今の環境では避ける事はできないので、適当に上司の話を聞いてスルーしてしまうのが有効です。

もちろん質問や要点は聞いておかなければなりませんが、犬や猫が鳴いていると思って心をひたすら無にするのは有効的です。

ちなみに僕はみんなの前で怒られている間は常に心を無にしています、、汗

③周囲も上司はやりすぎだと思っていることを忘れない

3つ目は「みんなが上司はやりすぎだと思っていることを忘れない」と言う事です。

人前で怒られると言う事は恥ずかしくて惨めな事です。

しかし、いつもみんなの前で怒っている上司であるのなら、あなた以外の他の人も同じ目に遭っているはずです。

ですから、周囲の人も「あの上司はいつも大勢の前で叱ってばかりでやりすぎだ」と感じているはずです。

ですから、あなたが辛い思いをしても、あなたと同じようにつらい思いをしたり同情してくれる人はたくさんいます。

 

ちなみに僕はいつもみんなの前で怒られ、周囲の人も同じ目に遭っていたので、みんな気持ちを理解してくれました。

頻繁に人前で叱るようなら考えもの

しかし、あなたに落ち度があるからと言って、ここぞとばかりに皆の前で怒るはそれはそれで考えものです。

なぜなら、あなたの上司が「あなたを指導をする」という盾の下にストレス発散としてあなたを叱ったり、

みんなの前で大声での怒鳴るなどの方法でしか部下をマネージメントできないからです。

ちなみに前者に至っては僕の上司なのですが、いつも皆の前で叱られていると部下も心が参ってしまい、正しい事を上司が言っていてもその部署だけ離職率が高かったりします。

 

そのため、頻繁に怒られる場合であれば異動や転職した方が良いです。

いくらあなたが悪くてもこの場合は ”指導の行き過ぎ” です。

 

また、あなたに落ち度がないのに、大勢の前で怒られるのであれば、それはただのパワハラです。

落ち度があるのに怒られるのであれば、やり方はどうであれ、”指導”と言う事ができますが、

落ち度がなかったり、責任転嫁をしてあなたを理不尽にみんなの前で怒るのであればあまりにも横暴すぎます。

 

この場合、あなたがパワハラ上司に付き合わされるだけで、常に委縮し心を消耗するだけなので、限界になる前に異動や転職の行動をした方が良いです。

あなたは決して悪くないのに、あなたが損をするのは明らかにおかしいので、異動や転職は致し方ありません。

あわせて読みたい

20代が上司が合わず、辞めたり転職するのは逃げではない3つの理由

あわせて読みたい

あなたが上司と合わないなら、異動するべき3つのパターン

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめるとこのようになります。

みんなの前であなたを怒る上司の3つの特徴

  • その場でガンガン怒っていくタイプ
  • 自らの威厳を出したい・アピールのために怒るタイプ
  • ストレス発散をしたいだけの最悪なタイプ

 

みんなの前で怒られた時の3つの対処法

  • 落ち度がある場合は、その点だけは反省する
  • 心を無にしてスルーする
  • みんなが上司はやりすぎだと思っていることを忘れない

職場でみんなの前で怒られる事は恥ずかしい事ですし、ストレスがかかる事です。

また、あなたが大勢の前で怒られるのは決してあなたのせいではありません。ですから自分自身を責めすぎないでください。

あわせて読みたい

20代が上司が合わず、辞めたり転職するのは逃げではない3つの理由

あわせて読みたい

長ったらしい説教をする上司はクレイジーだから落ち込むな!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です