あなたがテレアポ営業を辞めたくなるのは自然な事だと思う3つの理由

テレアポを辞めたくなるのは自然な事だと思う3つの理由

テレアポ営業って基本的に楽なお仕事ではないので、辞めたくなりますよね。

辞めたくなると言っても、恐らくこんな理由で辞めたくなるのではないでしょうか。

①電話越しでの対応が苦手・怖い

あなたは電話で知らない人と話すのは苦になりませんか?

ちなみに僕も営業をやっていますが、テレアポと電話対応は苦手です。

なぜなら、相手の顔が見えず言葉だけで上手く対応しなくてはならず、断れやすいからです。

実際、電話は基本的に相手の表情が見えず、話が伝わりにくく難しいのですが、テレアポの場合、そこからアポを取らなければならないので、大変さは言うまでもなく、基本的に断れますし、時にきつい言葉で断られたり、一生懸命話している途中でガチャ切りされたりと、ハードな仕事です。

こんなことを毎日繰り返しているうちにテレアポがトラウマになったりしてしまうと、テレアポが怖くなってしまいます。

また、山のようにテレアポをして上手くいかないと、自信をなくしてテレアポが苦手になってしまいます。

僕も飛び込み営業とテレアポをしていますが、テレアポは相手の表情が見えず怖いですし、なにより話している途中で切られると心が折れるので、その点飛び込み営業よりきついです。

②一日中テレアポがきつい・常に監視されている

テレアポが日常の業務のほとんど占めるあなたであれば、テレアポを毎日やり続けることに参ったりしてはいませんか?

テレアポは基本、会社の中で行うことが多く外にでる機会が他の営業より少なく気分転換がしにくかったり、常に上司や先輩に監視され緊張感が抜けないことが多いですよね。

僕も新人の頃はよく会社の事務所からテレアポをしていたのですが、上司に監視されると緊張して上手く話せなかったり、ミスをして怒られたりもするので、すごくストレスに感じていました。

僕の場合、飛び込み営業もしているので、1日中テレアポはないのですが、1日中ずっとテレアポをするのはかなりのストレスだと思いますし、テレアポを辞めたくなるのは当然です。

ちなみに、僕の会社の先輩は前職でテレアポをされていたのですが、世にいうブラック企業だったのですが、手を電話の受話器にテープで固定され、朝から晩までテレアポ地獄だったそうで(実話)、テレアポ営業の壮絶さが分かります。

③ノルマの達成がきつい

最後は営業職につきもののノルマです。

テレアポは新規開拓営業のことが多く、見ず知らずの人に電話をするのでアポイントにつなげるのは簡単ではないですよね。

対面の飛び込み営業ですら、アポイントを取るのは難しいのに、いつ切られるか分からない電話越しでのアポ取りの難易度は言うまでもありません。

そして、そんな難しい仕事で、ノルマを課せられれば、更にストレスが追加されしまいます。

しかも、大体ノルマって達成が難しいですし、ノルマを達成でいないと、上司から詰められたり、叱責されたり(場合によってはパワハラ)、プレッシャーに間違えなくさらされます。

そんなノルマに追われてテレアポ営業をしていると、テレアポのストレス+ノルマのプレッシャーで、テレアポをきつく感じるて辞めてしまいたくなるのも当たり前のことだと思います。

関連記事

第二新卒や20代で営業からノルマのない仕事に転職するなら?

あなたがテレアポ営業を辞めてもいい2つの理由

①辞めたくなるなるのは、当然だから

先述のようにあなたがテレアポの仕事を辞めたくなるのは当然のことです。

特にテレアポ特有の対人ストレス(相手の顔が見えない、ガチャ切りされる)、ノルマへのプレッシャーに耐えられる人は少ないはずです。

毎日高ストレスに耐え続けるのは大変ですし、ずっとテレアポ営業はかなり難しいと思います。

また、テレアポ営業は離職率も高く、テレアポのきつさを物語っています。

このようにテレアポが飛び込み営業と同じようにいわゆる ”きつい仕事” の部類の仕事であるのは明らかなので、あなたが辞めたくなるのも当然のことです。

ちなみに僕なら、テレアポ、1日と持つ気がしません…

②テレアポの経験を他の営業職や他の仕事でも活かせるから

2つ目はテレアポで身に着けた経験が他の仕事でも活かせるからです。

テレアポは電話での対応が基本なので、言葉だけで営業トークや説明をしなけれならず、自然とコミュニケーション能力が高くなります。(あなたがそんな風に感じていなくても、他の職種より普通に高かったりします)

特にアポに至るまでの営業トークや電話越しだけで相手の状況を推測する力は、テレアポ以外の営業職はもちろん活かせますし、

テレアポの経験は社内・社外でのコミュニケーションにも当然活かせるので、企画やマーケティング、コンサルなどにも活かせます。

よって、テレアポの経験を活かし、より良い職場にステップアップしたり、よりあなたに向いた仕事に就くためにもテレアポ営業を辞めても良いと思います。

テレアポから転職したいなら

あなたがテレアポから転職したい場合、エージェントを使うのがおすすめです。

なぜなら、無料で、

  • あなたに合ったテレアポ以外の仕事を紹介してくれる
  • 転職に際して、その都度アドバイスをもらえる
  • 面倒な履歴書や職務履歴書の書き方をサポートいてもらえる
  • 面接対策をしてもらえる

などのサポートを受けられますし、

一人で誰にも相談せず転職活動し、無駄に時間やエネルギーを消費したり、転職の方向を間違え、転職を失敗するというリスクを減らせるからです。

 

ちなみにオススメの転職エージェントは、dodaエージェントサービスマイナビジョブ20’sです。

dodaエージェントサービスは、非公開求人を含む約10万件の求人からあなたに合った求人を紹介をしてくれ、人柄や考え方などあなたの優れた特性を推薦時にまとめ、履歴書、職務経歴書と合わせて応募してもらえるという手厚いサポート付きです。

転職サイトはdoda

マイナビジョブ20’sは20代専門のエージェントで、20代や第二新卒に特化しており、転職経験を持つキャリアアドバイザーによるサポートが受けられます。また、20代の転職を熟知いているエージェントでもあるため、第二新卒や20代の転職にはぴったりのエージェントです。

マイナビジョブ20's

さいごに

いかがでしたでしょうか。

僕も同じ営業職ですが、テレアポはきつい仕事で、あなたが辞めたくなるのは自然なことだと思います。

ですが、その分、あなたのテレアポの経験は凄いことですので、ポジティブに活かしていけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です