新卒や若手で打たれ弱くて悩んでいるあなたにの3つ提案をしたい

この記事がオススメの人

  • 新卒で心が打たれ弱くて困っている人
  • 新卒でなくても2,3年目で打たれ弱くて困っている人
  • 上司や先輩から会社でひどいことを言われている人

仕事をしていると、上司やお客さんからひどいことを言われたり、パワハラまがいの事をされ、落ち込んだり凹んだりしませんか?

元々あなたが落ち込みやすかったりすると、自分って打たれ弱いのかな?と思ってしまうこともあると思います。

この記事では、そんなあなたに、社会人4年目の売れない営業マンから3つの提案をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

仕事で打たれ弱くて困っているあなたへの3つの提案

これから3つ提案をお話しするのですが、僕自身そこまで打たれ強いわけではないです。(すぐ凹み、すぐしょげますw)

しかし、ヘッポコながら図太く不動産系の営業マンを3年やってきた僕から簡単な提案です。

お役に立てば幸いです。

①100%あなたが悪いわけではない

まず1つ目ですが、仕事で怒られたり、ショックなことがあっても100%あなたが悪いわけではないという事です。

打たれ弱いと、自分を責めすぎたりしてしまいす。

しかし、例えあなたが仕事でミスをしたとしても、上司は的確に指示を的確に出したでしょうか?仕事のやり方の説明はちゃんとあったのでしょうか?

決してあなたにだけ落ち度があったわけではないはずです。

ですから、あまり自責の念に駆られすぎずに適度に他責にした方が良いですし、反省しすぎない方が良いです。

ちなみに僕もそんな風にして調子良く仕事をしています。はじめは真面目の加減が難しくても徐々に慣らしていきましょう。

②何か言われたら一呼吸おこう

2つめは何か怒られたり、理不尽なことを言われてしまったら、一呼吸おいて冷静なりましょう。

打たれ弱いと、怒られたり、何か言われたりするとビックリしてパニックになったりはしないでしょうか?

ショックなことをされればビックリしますし、テンパるのは当たり前なことです。

そんな時は、相手の隙を見て一度呼吸を整えましょう。テンパると呼吸が乱れがちですので、一旦呼吸を整えると少し冷静になれます。

冷静になればしっかり状況の把握ができ、落ち着いて対処することができますよ。

僕も怒られたり詰められたりすると、パニックになりやすいので、そんな時は相手の話を聞きながら一呼吸入れています。

③あなたへの責め方が酷すぎるのかもしれない

3つ目は、あなたは打たれ弱いと思っているのかもしれませんが、実は上司や先輩が怒る・責めるレベルが酷すぎるのかもしれません。

今のご時世パワハラなどのハラスメントには敏感になってきていますが、いまだに酷いパワハラは存在するため、一度あなた自身の環境を振り返ってみてはどうでしょうか。

実際、僕も上司に説教をされて凹んでいる時、周囲の人から「あれはパワハラだよ」と指摘されて気づいたことがあります。(1時間少し説教されていた)

もし、そうであるなら、あなたは決して悪くはありませんし、決してあなたが打たれ弱いとも限りません。

あわせて読みたい

長ったらしい説教をする上司はクレイジーだから落ち込むな!

最悪、右から左へ聞き流すくらいの意識で行こう

どうしても、仕事で打たれ弱くて気になっているあなたに伝えたい事が最後にひとつだけあるのですが、

あんまり固くならず、どうでも良い理不尽なことは別に右から左へ聞き流すてもOKだよ、っと言うことです。

世の中のひどいことを言ってくる、怒ってくる奴の半分以上は自己満足だったり、理不尽なを占めています。

ですから、別に適当に聞き流しても大丈夫です。あなたの落ち度のあるところだけを聞いて反省すれば良いだけで、すべてを真に受ける必要はありません。

理不尽やパワハラには反省しているフリをするだけで良いのですし、時に図太く生きるのも全然OKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仕事で打たれ弱いあなたに向けて3つの提案をお伝えさせて頂きました。

打たれ弱いと言うことは決して悪いことではありませんし、それだけ繊細であれば、繊細さを活かして仕事もしていけます。

あまり悩みすぎず徐々に打たれ強くなっていけば大丈夫なので、気にしすぎないようにしましょう。

あわせて読みたい

若手が上司のパワハラが辛いのなら、辞めても良い3つの理由

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です