4年営業をやっている僕が感じる営業の楽しくもない大変な5つの事

この記事がおすすめの人

  • 営業職の大変なことにを知りたい
  • 営業の実態を知りたい

営業マンって何かと大変なイメージがあると思いますが、実際にどんな所が大変なのか気になりませんか?

この記事では新卒4年目の営業マン(不動産系)の僕が営業の大変で楽しくないところ5点を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

営業の大変なところ5つ

①外回りは体力が削られる

1つ目は外回りで体力を削られると言う点。

新規開拓営業にしろルート営業にしろ、営業マンたる者、大体外回りをしなくてはなりません。

そして一日中外回りで歩き回ったりすると疲労困憊になってしまうのですが、大変なのが、夏と冬です。

夏と冬は夏は暑くて干からびてしまいますし、冬は寒くて外を回る気にもなりません。

逆に春と秋は外回りがしやすいのですが、夏と冬の時期の外回りはまさに地獄です。楽しいなんてものはありません。はい、

②スケジュール管理が大変

2つ目はスケジュールの管理が大変という点です。

営業の場合、お客様や関係者とアポイントを取り仕事をしていくのですが、

このアポイントが急に日程変更になったり、急に飛び込んできたりします。

そうなると、スケジュールがバッティングしないように調整しなくてはならないのですが、あれやこれやと立て込んできているとスケジュールの管理も大変です。

なぜか忙しい時に限ってアポイントが入るのですが、社内との会議や研修と被っていたりするのです。

僕も何度かアポイントのスケジュールがバッティングしそうになりヒヤヒヤした事がありましたが、意外とこれが大変です。

③休日出勤が大変

3つ目は休日出勤です。

法人営業の場合はあまりないのですが、個人営業の場合は、お客様が平日は仕事のため土日しかアポイントが取らず休日出勤になるケースがあります。

もちらん、振り替え休日が取得できたりするのですが、休日も仕事と言うのはメンタル的にもシンドイですし、

土曜日が休日出勤になると6連勤になるため、普段土日休みだと体力的にも大変です。

特に、土日祝は絶対休日が良い!と言う人にはきついと思いますし、急に休日出勤が入るとプライベートの予定も組みづらくなります。

また、一部のブラック企業では、振替休日も取得できないケースがあるため、今から営業職へ就職・転職を考えている人には注意が必要です。

僕も休日出勤をする時があるのですが、正直土日は休みたいですし、多くの場合土曜出勤になるので、その週の疲れ具合はかなりきついです。

④意外と書類の作成が大変

4つ目は意外の書類の作成が大変な点です。

営業職というと、外回りで顧客と商談やプレゼンばかりしているイメージがあると思いますが意外と書類の作成業務も多いのです。(意外と退屈で楽しくない仕事だったりします)

例えば契約の際は契約書を営業が作りますし、契約者は法務のチェックが入るので何度も直して作り上げたりします。

また、プレゼンとなればプレゼンの為の資料を作る必要がありますし、社内への報告書も作ったりします。

ですから、営業において書類業務は結構なウェイトを占めたりしています。

僕ももれなく者類業務にもあたったりするのですが、その日のほとんどを書類作成で終えてしまうこともあったりします。

⑤クレームなんて言うまでもない

最後はクレームです。

クレームは想像通り対応は大変です。

営業の落ち度のある無しに関わらず、会社の顔として営業は出張らなくてはならない為、お客様からきついお叱りを受けたりします。

もちろん、いつもクレームがあるわけでもなく、日常の業務から見れば数少ない事なのですが、

クレームという精神的に対応が大変な仕事は結構心にきますし、最初のうちは耐性がなく慣れるまでがきついです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新卒4年営業をやっていた僕が大変だったことを5つまとめてみました。

あくまで僕の独断と偏見で紹介したものですので、是非あなたの参考などにしていただければ幸いです。

あわせて読みたい

【現役営業マンより】未経験で営業職に転職するのが不安なあなたへ

あわせて読みたい

法人営業と個人営業の違いからどちらが良いのか白黒つけたいと思う

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です