眠くてやる気の出ない休日を有意義に過ごす3つの方法

せっかく待ちに待った土曜日。

眠くてダラダラ過ごしていたら、貴重な休日が終わっていたなんて事はありませんか??

平日の疲れが溜まっているとはいえ、

「あ、、土曜日が終わった、、」

「何もしていない、、」

「やる気もでないし、疲れているから、ゴロゴロ」

なんて事があると思います。

今回は僕が実践している、眠くてやる気のでない休日の対処法を3つ紹介します。

休日、特に土曜日は眠くてやる気は0

特に休日の土曜日って月曜から金曜までの疲れが溜まっていますよね。

そうなると、ついついお昼頃まで寝てしまうっていう事はありませんか??

僕も土曜は金曜夜遅くまで遊んでいたり、飲んでいたり、中々朝起きれず12時くらいまで寝てる事なんてザラです、、

土曜の12時までダラダラ寝ている時間も至福の時なのですが、圧倒的に時間の無駄だと気づいてしまうのです。

だって、休日の48時間の1/4を寝て過ごしているんだもん、、

でも時間がもったいない!どうしたら良い??

という事で、何か休日の時間をダラダラ寝て過ごすのではなく、有意義に使う事はできないのでしょうか??

今回は僕が実践している方法を紹介していきます!

まずは十分な睡眠を

ぶっちゃけ先ずはあなたに十分な睡眠時間をとってしまいましょう。

平日って基本的に寝不足の場合が多かったりするので、まずは満足できるくらいまで寝てしまいましょう。

1日7時間、睡眠時間が必要なら7時間睡眠をとり、

1日8時間、睡眠時間が必要なら8時間がっつり睡眠をとりましょう。

僕も1日8時間、睡眠時間が毎日欲しいところですが、

当然そんなに寝れないので、土曜日は8〜9時間くらいがっつり寝てすっきりさせます。

時間が無駄だからと言って、必要な睡眠時間を取っていなければ眠くなるだけなので、まずは必要な睡眠時間をとりましょう。

でも、ダラダラ寝すぎると時間の無駄になってしまったり、夜眠れなくなるので、時間にメリハリをつけて眠る事にしましょう。

またカーテンを開けて寝ると朝もスムーズに起きる事ができてオススメです。

まずは起きたら、家事でもしよう

朝を起きて、何か活動をしようと思っても、眠くて怠いので、まずはやらなければならない事からやりましょう。

そうなると、やる事と言えば、「家事」でしょうか。

平日って部屋の掃除やトイレやお風呂掃除、洗濯、アイロンがけなど、中々する時間がないので、朝起きたら、それらを片付けましょう。

どうせ面倒な事なので、朝に片付けてしまった方がのんびりできますし、部屋も綺麗になります。

「眠いなー」と思いながらも、

朝少しずつ身体を動かしながら、家事をしていると段々身体も温まってきて、

頭も動いてくるので、自然と眠気をすっきりさせて、朝きちんと起きる事ができます。

脳科学的に手を動かしたり、体を動かして掃除や洗濯をする事は周囲の状況が変わったり、感覚的な刺激が脳に伝わり、脳のやる気スイッチが入る効果的があります。

その為、手や体を動かして、家事をしていると自然とやる気が出てきて効果的です。

僕も休日は朝起きたら、やる気を出したり、眠気を覚ます為にまず家事(主に掃除や)から初めて、朝食を準備するやる気を出します笑

そうすると、家事が一気に片付き、朝ごはんも食べられるので自然と充実した気分になり、気分良く、昼間を迎えられ、充実した1日を送る事ができます。

ランニングや体操をするのもアリ

先述の脳科学的な手を動かしたり、体を動かして掃除や洗濯をする事で脳のやる気スイッチを入れると言う方法を利用し、

休日の朝、目覚めが悪く、やる気も出ない場合は軽いランニングや体操をするのもアリです。

運動する事で脳を目覚めさせ、やる気スイッチをONにします。

社会人と言えば、基本的に運動不足なので、ここで運動不足を解消しましょう!

運動と言っても、普段運動をしていない一般的な社会人が負荷の高い運動をすると確実に怪我をするので、

外を軽くランニングしたり、室内で柔軟体操をしたりしり、軽く汗をかく程度の運動をするだけで体が自然と起きてきます。

また朝の空気を外に出て感じる事で気分がすっきりしたり、自然と目も覚めるので、なんだか得した気分にもなってやる気も出てきます。

(僕も寒い時期が苦手なので、春〜秋の外に出やすい時期に朝、ランニングしたりします)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

5日間平日働いて待ちに待った土曜日と日曜日です。

朝目覚めたら、眠気を殺し、やる気を出して有意義に時間を使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です