新入社員のボーナスは夏は少ないが、冬は2ヶ月分もらえる??

会社員であると一般的には年に2回ほど、貰えるもの、ボーナス。

夏のボーナスは決して多くはないけれど貰えたり貰えなかったり。

しかし、今度は初めての冬のボーナスが待っているかもしれません。

「冬のボーナス」なんて楽しみですよね。

いくら貰えるのだろうか、と新入社員でも夢は期待は膨らんでいきます。

では、冬のボーナスは貰えるならば、何か月分程度貰えるでしょうか??

まず新入社員の夏のボーナスの件について

入社してから初のボーナスは夏のボーナスです。

入社してから時間も大して経過していないので、1か月分のボーナスなどもらえる訳ではありませんが、

一応ボーナス自体が支給される場合もあります。

夏のボーナスはいつ頃出るのか??

夏のボーナスが会社によってはもらえない場合も事もありますが、もらえる場合は6月30日以降から夏のボーナスが支給される事が多いです。

金額としては通常、前年度の10月~3月の分に対して支払われますが、新入社員の場合、前年度の10月~3月は働いていないので、

金額は少なめで、「賞与(ボーナス)」ではなく、寸志と言う形で支給される場合もあります。

夏のボーナスはいくら貰える??

気になる新入社員の夏のボーナスですが、

大卒であれば、相場がおよそ9万円程度

高卒であれば、相場はおよそ7万7千円程度と言われています。

*参考:産業政策所

スポンサーリンク

そして基本的なボーナスの計算式

一般的に僕やあなたの様な民間企業に勤めている場合、

基本的にはボーナスの計算式は

ボーナス=基本給×〇か月

という計算式で求められます。

ですから、基本給が高いとその分、ボーナスは高くなりますし、その逆に基本給が低いと、ボーナスも安くなります。

多くの企業では基本給2~2.5月分で計算されますが、会社によって何か月分の基本給でボーナスが計算されるかは異なる為、確認が必要です。

例えば、基本給が20万円で、ボーナスは2か月分の場合、

200,000円(基本給)×2か月=400,000円

が支給される事になります。

 

ちなみにボーナスからも、健康保険料、厚生年金保険料、所得税、雇用保険が引かれます。

(僕もボーナスの支給金額から2割弱程、税金や社会保険料で引かれていました……涙)

では、僕やあなたの様な新入社員はいつ、幾らくらいのボーナスは支給されるのでしょうか??

夏よりは多くもらえる事が期待される冬のボーナス

待ちに待った冬のボーナス。

一般的に夏のボーナスより多くの金額がボーナスで支払われる事が多いです。

そうなると大分楽しみですが、まずはボーナスは冬のいつ出るんだ、、??

冬のボーナスはいつ出るのか??

冬のボーナスは基本的に12月の上旬、12月の中旬、遅くても12月の下旬には支給されます。

12月10日以降に支給される企業も多いようですが、この点も各社異なります。

ですから、12月の中旬には支給されると考えておいて良さそうです。

では、我々新入社員の気になるボーナスのお値段はいかほどなのでしょうか??

2ヶ月くらいは貰えるのか??

気になるボーナスの金額ですが、

一般的に冬のボーナスは基本給の2か月~2.5か月分が支給される企業が半数近くなようです。

ですから、新入社員でも40万円程度ボーナスが貰えた、なんて事も期待できます。

ちなみに僕も2か月分、冬のボーナスを頂きました(ありがたや……)

 

しかし、中には冬のボーナスも支給なしと言う企業もあるようです。(確かに新入社員は会社の利益に貢献しているとはいいがたいですもんね……)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冬のボーナスは企業によっては

基本給×2か月~2.5か月分 程度貰える企業もあったり、

冬のボーナスも新入社員にはなし、と言う企業もあったりします。

つまり冬のボーナスが何か月分貰え、いくら程になるかはあなたの会社次第という事になります。

冬のボーナスは「貰えたら、ラッキー」とか、「たくさん貰えたらラッキー」

くらいに思っておくくらいがちょうど良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です