新卒2年目だけど会社をサボりたい時はサボるのは決して悪くない

あなたには「今日会社サボりたいなー」とか「会社行きたくないなー」と思った事はありませんか??

会社をサボりたくなるのは普通の事

あなたが会社にサボりたくなるのは多くの人がある事です。

僕も会社サボりたいなーと思う事がありますし、毎日思っています笑

しかし、あなたが朝、単純に

「出勤するのが面倒‥」

「会社に行きたくない‥」

と思ったりはしませんか??

僕も社会人2年目ですが、何度もそんな事を思ったことがあります。

ですが、サボりたい時はサボるのも僕はありだと思っています。

では、なぜ、あなたや僕は会社をサボりたくなるのでしょうか??

まずサボりたい理由について考えていきましょう。

①仕事に疲れているから

1つ目は仕事に疲れてしまったから。

入社して数か月、或いは数年、やる気満々で仕事も一生懸命に頑張ってきたあなたですが、多忙な毎日に追われ、身体も心もすっかり疲れきっているなもしれません。

また、異動や配属で慣れない環境にさらされ、身体やの心にストレスがかかっているからかもしれません。

少し仕事を頑張りすぎて、休憩が必要な時かもしれません。

そんな時は無理に会社に行っても疲れるだけなので、ヤバいと思ったら少しくらい会社をサボりましょう。

②職場の人間関係に疲れているから

2つ目はあなた自身が職場の人間関係に悩んでいるからかもしれません。

パワハラをする上司がいたり、嫌な先輩がいたり、仕事を押し付けてくる同僚がいる職場に行くと思うと、会社をサボりたいと思ってしまう‥

そんなことはあなたにはないでしょうか??

会社の職場環境が悪いと仕事もやり辛いですし、居心地も良くないので、会社に行くだけでストレスになってしまい、仕事云々の問題ではありません。

③仕事が合わない・できなくて辛いから

あなたが会社をサボりたい、行きたくないと思うのは、会社で毎日こなす仕事が問題かもしれません。

例えば、

営業職についているのに、成績が悪くて毎日悩んでいたり、

事務職なのに、書類作成が上手くいかずに困っていたり、

SEなのに、毎日屋内でじっとパソコンと向き合うのが嫌でストレスに感じていたり、

あなたの仕事がそもそも合わない・上手くできない事が問題な場合があります。

もし、仕事が合わない・上手くいかなくて悩んでいるのら、解決策をすぐにでも上司や会社に相談して、ストレスを取り除きましょう。

しかし、もし、それでもダメなら転職するという選択肢もありますが、今から転職も視野に入れておくべきです。

ちなみに今の僕は一番この事がストレスです(笑)

会社をサボりたい時は休んで良い

あなたが会社をサボりたいと思う理由を3つ考えてみましたが、

あなたが会社を毎日会社を休みたい・サボりたいと思うなら1日でも休んだ方がいいですし、あなたは休むべきです。

誰もあなたが1日休んだくらいで怒ったりしませんし、1日くらい仮病を使って休んでしまえば大丈夫です。

ちなみに僕も「本当に会社に行きたくない」と思った時があって、1度仮病を使って休んだ事があります。

ですから、あまり自分に厳しくならず、適度に休むのもあなたを守る為にも大切な事です。

また、あなたは今、真剣に会社をサボりたいと悩むほど今の環境に疲弊しているのであれば、転職し、環境を変える事が最も最適な選択肢です。

とは言っても、簡単に転職はし辛いですし、なにより第二新卒で転職をするなら、慎重に転職先を決めた方がいいので、転職サービスに登録しておいた方が良いです。

転職活動はしなくても情報を集めておくだけで、「他にもこんな仕事があるんだ、じゃ辞めても大丈夫そうだな」と余裕を持つことができます。

また、今後あなたが頑張りすぎて体や心を壊してしまっては転職サイトどころではないので、今のうちに登録しておきましょう。

ちなみに僕らの様な第二新卒枠での転職情報が集まるおススメの転職サイトはマイナビジョブ20’sです。

誰もが就活の時、登録したであろうマイナビの第二新卒特化バージョンです。

20代の第二新卒に特化している為、僕やあなたのような新卒組には心強いサイト。

また、

・全求人が20代対象(1500件以上)

・求人の50%が職種・業種未経験OK

・全サービス無料

・飛び込み営業以外に何が向いているのか分かる適性診断も受ける事ができます。

と言う第二新卒向けのサイトになっているので登録して損はありません。

まとめ

①仕事を一生懸命にやってきたが、仕事に心も体も疲れてしまって、あなた自身が休みたがっている

②職場の人間関係が上手くいかず、会社に行く事が億劫に思ってしまう

③仕事が合わなかったり、成果が出てなくて、仕事を続けて行くのが辛い

・会社をサボりたい日が続いたら、転職サービスに登録しておくべき