仕事が辛いのは甘えではないと断言する5つの理由

この記事がオススメの人

  • 仕事が辛いのは、甘えだと感じて自分を許せない人
  • 周りに仕事が辛いと言ったら、甘えだと言われて人
  • 仕事が辛くて悩んでいる人

仕事って、辛いですよね。

ノルマやプレッシャー、人間関係など、辛いことたくさんありますよね?

でも、僕は仕事が辛いなんて全然甘えじゃないと思いますし、いつも仕事は辛いです…苦笑

今回は、別に仕事が辛いのが甘えではない5つの理由についてです。

スポンサーリンク

普通に仕事なんて辛いと断言できる5つの理由

①最低1日8時間×5日

1つ目はそもそも仕事においての拘束時間が長い事です。

基本的に労働は “最低1日8時間を5日” それを毎週繰り返すのですが、もうこの仕組み自体が辛いですよね。

残業や通勤時間も含めれば、仕事のための拘束時間なんて余裕で半日くらいあったりしますし、職場から距離があるほど、朝起きるのは早くなり、帰ってくるのは遅くなります。

 

そんなに頑張っても、休めるのは7日の内、たった2日だけ。こんな毎日を過ごすこと自体が辛いのですが、最初から仕事なんて辛いに決まっているのです。

なぜ、週5日の疲れが週2日の休みでとれるのか不思議ですし、思えば平日はほぼ働いて終わりですからね!

②忖度と気疲れ・理不尽

2つ目は日本のサラリーマンなら誰しもがする、忖度気疲れ、そして理不尽です。

 

会社で上手くやっていくためには、上司や先輩に忖度し、上司のご機嫌を損なわないよう気を遣わなければなりません。

学生の頃なんて、忖度もそんなにはしませんでしたし、社会人になってからそのギャップに苦しみますし、

”忖度”という生産性のないことに囚われ、意見や言いたいことも中々言えない会社の雰囲気に嫌気が指してきます。(僕も忖度なんてくだらねえと思っています)

 

また、顧客や取引先など外部の人にも常に気を遣わなくてはいけなかったり、理不尽な目に何度もあったりしますよね。

特に仕事における理不尽の多さは尋常じゃないです。

  • 責任を擦り付けてくる上司
  • 無理難題を要求してくる顧客
  • パワハラ、セクハラ
  • 生産が皆無なせに無駄に長い会議
  • サービス残業…etc

会社や仕事はこの世の理不尽を9割方網羅している世界です。

そんな環境で辛いなんて思わない方がおかしいのです。

③仕事の辛さに給料が見合わない

3つ目はきつくて辛い思いをしているのに、給料が苦労に見合っていないと感じるからです。

 

大多数の人は日々の仕事を真面目にこなしています。上司の小言を言われたり、無理難題なノルマを課せられたり、クレームの嵐にあっても何とか耐えて働いています。

でも、給料日に明細を見てみると、「頑張っている割には給料少ないな…」なんて感じませんか?

 

辛い仕事に耐えているのは給料のためなのに、給料が安かったり、中々昇給しなかったり、割に合わないと感じてしまうと、お金と言う働く唯一の意味もなくし、仕事が辛くなります。

頑張っているのに、中々給料ってあがりませんよね…

④頭のおかしい上司や会社

4つ目は頭のおかしい上司や会社の存在です。

仕事をしていく上でのストレスのほとんどは恐らくこいつらです。自分の会社や上司がパワハラ気質だったり、世間一般から感覚が外れていると、心も体も疲弊します。

例えば、

  • 長時間の無駄に説教をする上司
  • 怒号を浴びせる事でしか部下を管理できないできない上司
  • 社員教育なんて興味のない会社
  • 平気で長時間労働やサービス残業をさせる会社…etc

自分は決して悪くないのに、強い立場の会社や上司がクレイジーだと苦労は絶えません。もう仕事自体がただの罰ゲームみたいなものです。

こんな環境なら、仕事なんて辛くなるに決まっているじゃないですか…

関連記事

長ったらしい説教をする上司はクレイジーだから落ち込むな!

⑤仕事が合わない場合もある

最後は、仕事が合わない場合もあるからです。

 

仕事が辛くなる時って、「この仕事本当に合っているのかな」とか「仕事向いていない気がする」など、仕事に対して違和感を感じる場合があると思います。

いざ就職してみて仕事をやってみたら、実は仕事内容があなたには苦手な事ばかりで全然向いている気がしなかったとか、結果がぜんぜん出せず適性に疑問を持ってしまうなど様々だと思いますが、正直つらいですよね。

 

僕も営業職に向いていないと思いながら、仕事をしているのですが、仕事に向いていないと感じていると、

結果が出せず叱責されたり、失敗ばかりで周りに迷惑をかけてしまったり、自信をなくしてしまって、本当の自分がどこか行ってしまっているような、虚無感に襲われます。

ですから、仕事が向いていないと、毎日辛いと感じてしまうのは当然だと思います。

まとめ

ここまで、仕事が辛いと感じてしまう5つの理由についてお話してきましたが、仕事が辛いと感じてしまうのは、よくあることです。

実際、僕を含めほとんどの社会人が仕事が辛いと感じながら、仕事をしています。(毎日僕は社会人自体を辞めたいと思いながら生きています。そもそも働くなんてごめんです。

ですから、仕事を辛いと思うあなた自身を責めすぎない様にしましょう。

もし、仕事が辛くて限界だったり、逃げたいと思うのであれば、誰かに相談したり、転職などで環境を変えましょう。

関連記事

社外の人がやっぱり良い?新卒や若手が仕事が辛くて相談するなら誰?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です