社外の人がやっぱり良い?新卒や若手が仕事が辛くて相談するなら誰?

この記事がおすすめの人

  • 仕事が辛くて悩んでいる20代の若手
  • 仕事が辛いのに誰に相談して良いかわからない人
  • 相談できる人がいない人

仕事で辛い事があると、不安に感じて誰かに相談したくなりますよね。

でも、誰に相談して良いか分からなかったり、社内・社外どちらに相談して良いのか色々悩むことだと思います。

今回は、我々のような20代の新卒や若手が仕事の辛さで相談する時、誰に相談するべきなのか考えていこうと思います。

スポンサーリンク

社内

①同期

やはり同期は、境遇が一番似ているのと、同じような体験をちょうどしていたりするので共感してくれる事が多く、同期に仕事の辛さを話す(愚痴る)ことでストレスが発散できますが、

同じ境遇のの場合が多いため、ただ傷の舐めあいをして、仕事の辛さを解決するところまでは至らない事が多いです。

ちなみに僕も同期とは代替愚痴って終わります(笑)

②先輩

2つ目は先輩です。

特に年の近い先輩や、年齢が少し離れていても信頼できる先輩であれば、仕事の辛い場合、相談するのも良いと思います。

同期とは違い、既にあなたが辛いと感じている事を体験しているため、共感してもらえますし、どうしたら良いのかアドバイスももらえます。

 

しかし、先輩との相性や人によっては面倒な説教を始める場合があるので、人選には要注意です。

 

ちなみに僕は周囲にそんなに仲の良い先輩がいないので、あまり相談したことはないのですが、同期は結構先輩に相談している人が多いです。

③上司

3パターン目は上司です。

しかし、個人的にはあまりオススメはしません。

なぜなら上司によっては、相談をしても仕事の忙しさそもそも部下への関心のなさから相談に乗ってくれないことがあったり、そもそも仕事が辛い原因が上司だったりするからです。(パワハラ、放置、異常に厳しいなど)

 

ですから、相談するのであれば、信頼できると思える上司の場合のみ良いと思います。上司によっては的確なアドバイスやフォローをしてくれる場合もあります。

 

僕の場合は元々放置プレーをする上司なので、相談する気にすらなりませんが…

関連記事

部下を教育しない放置プレー上司に20代若手がするべき3つの対策

④人事部

4つ目は人事部です。

人事部はオススメなのですが、人事部と仲が良い場合を除いて、万策尽きた場合の手段くらいに考えておくくらいが良いと思います。

やはり頻繁に人事部に相談に行くのは行きづらいですし、あなたが社内でわがままな奴だとか思われかねません。

 

しかし、

  • そもそも相談できる相手がいない(先輩・上司はあてにならない)
  • もう仕事の辛さが解決できそうにないため、異動したい
  • 精神的に参ってしまって限界の少し手前…など

の場合は人事部に相談するべきです。なぜならこれらの問題は上記の3パターンの人物たちでは解決できないからです。

 

ちなみに僕は年に1、2回の人事部との面談でしか仕事の辛さを相談したことはないのですが、もしあなたの会社に定期的に人事部と面談する機会があれば、積極的に相談するべきです(やはり自発的に人事部に相談するのは難しいと思うので)

社外の人に相談するのがやっぱり効果的

僕の体感なのですが、社内の人に仕事の辛さを相談するより、社外の人に相談する方が良いと思います。

 

なぜなら、社内の人間だと、世間一般から見ておかしい会社の慣習や社風などが当たり前に認識されるので、そもそも相談にならなかったりします。(例えば、明らかにコンプライアンスに反しているのに社内では常態化している等)

 

ですから、第三者の目からあなたの現状を見てもらった方が、より客観的なアドバイスや、あなたが今どんな状況なのか見てもらえます。

そのため、社外の人の視点から今のあなたを見てもらう事を強くオススメします。

①友人・先輩

1パターン目は友人や学生時代の先輩です。

友人や先輩の場合、既にあなたの辛いと思っている事を乗り越えていたり、何か解決策を知っている場合も多く、あなたも会社の上司や先輩と比べて気を遣わなくても良いので本音で話ができます。

 

特に同じ世代で考え方や感じ方が似ているので、下手にジェネレーションギャップや変な押し付けも感じず、客観的に今の状況を判断してもらったりアドバイスを貰えます。

また、解決できなくても、話をすること自体がストレス発散になったり(社内では言えない事が言えるので笑)、元気が出たりするので、友人や先輩に相談することはオススメです。

 

僕もよく友人と食事をしたときに相談をしたり、コロナ以降はzoomやLINEで話を聞いてもらっていますが、年齢も同じ・近いだけ合って、話もよく共感してもらった上で客観的に状況を見てもらえるのでとても有意義です。

②親・家族

2パターン目は親や家族です。

こちらは家族や親の性格や相性を見極めた方が良いと思いますが、、一人で抱え込んで悩んでいても、一番話しやすい人たちだと思いますし、一番あなたの事を考えて相談に乗ってくれます(家庭環境にもよると思いますが)

ですから、試しに一度、仕事の辛い事を話してみるも良いと思います。

 

親に話してみたら、やっぱり今の会社・仕事はブラックだったとか気づく場合も多いですし、話しにくいのであれば、深刻な感じではなく、軽いノリで相談してみてはどうでしょうか?

 

ちなみに僕は、会社の方針がおかしいんじゃないかと思い、親に相談したところ、「お前の会社(悪い意味で)やばいぞ」と言われたことがあり、自分の会社の異常さに気づくことができた経験があります(苦笑)

まとめ

仕事は辛い事が多いですが、辛い事は社内で相談するのも勿論良いと思いますが、社外の人に一度相談してみる方が個人的にはオススメです

 

もちろん社内の人間でしか分からないこともあるので、状況にもよりますが、社外からの視点の方が客観的に物事を捉えらえるので、

仮にあなたの判断力が低下していたとしても、あなたの気づかなかった事や、ヤバい方向に向かっている事を事前に発見してもらえます。

 

ですから、社内のみならず、社外の人にも相談するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です