フリーターが知っておくべき4つの社会保険とは??

風にかかった時などに病院にかかった時などは健康保険などで

自己負担が少なく病院にかかれたりします。

他にも年金を払わなけらば、ならなかったり。

正社員であれば、健康保険などは会社で自動的に入っているので気にする必要はありませんが、

フリーターの場合の社会保険はどうなのでしょうか??

今回はフリーターが知っておくべき社会保険ついてお伝えします。

フリーターが知っておくべき4つの社会保険

まずはフリーターのあなたが知っておくべき4つの社会保険についてです。

健康保険

まず、誰もがお世話になった事があるであろう医療保険である健康保険。

フリーターの場合は非正規社員や学生、自営業者などが加入する「国民健康保険」と、会社員や事業者が加入する「健康保険」に分けられます。

つまり、あなたは今、国民健康保険に加入しているはず。

国民健康保険の場合は毎月の保険料の負担を全額被保険者が負担する事になりますが、

健康保険では保険料を会社と社員で半分ずつ負担します。

厚生年金

「厚生年金」とは会社で働く会社員が加入する年金です。

通常、20歳以上60歳未満のすべての人が「国民年金」に加入していますが、自営業者や学生、フリーター、会社員の扶養配偶者は「国民年金」のみに加入しています。

つまり、会社員の場合は「厚生年金」+「国民年金」で、厚生年金は保険料を会社と半分ずつ負担します。

そして、あなたがフリーターの場合、加入している公的年金は国民年金のみにないます。

雇用保険

「雇用保険」とは失業保険と呼ばれる事がありますが、

その名の通り、雇用に対する保険で、失業しても次の職に就くまで収入をつなぎます。

また失業した際に最長で11か月間、給付金の給付を受ける事ができます。

正社員の場合は雇用保険に加入していますが、条件ではフリーターでも加入できます。

フリーターの場合は非正規なので、雇用保険があると心強いですよね。

労災保険

「労災保険」とは業務中にケガなどをした際に給付金が貰える保険です。

労災保険はすべての労働者が加入しなければならないので、フリーターであるあなたの場合も加入しています。

ちなみに労災保険は全額会社負担なので、あなたや僕は労災保険の保険料を負担していません。

社会保険に加入できる条件とは??

では、フリーターが社会保険に加入するにはどのような条件を満たせばいいのでしょうか??

ちなみに企業は社会保険加入に一定の条件を満たせば、正社員に限らず非正規の従業員も社会保険に加入させなければなりません。

あなたも一度、確認してみましょう。

健康保険

健康保険に加入するには、

・毎月の「労働時間」と1週間の「労働日数」が勤め先の正社員のそれと比較し、4分の3以上である事

・2か月以上の契約を結んでいる事

・4か月以内の季節的業務で雇用されていない事

・6か月の臨時的事業の事務所に雇用されていない事

が必要です。

厚生年金

厚生年金は正社員はもちろん加入していますが、

アルバイトやパートの場合

・毎月の「労働時間」と1週間の「労働日数」が勤め先の正社員のそれと比較し、4分の3以上である事

または

・週20時間以上の労働時間

・月額88,000円以上の賃金

・雇用期間が1年以上見込まれる事

・雇用される事業所の労働者数が常時501人以上である事

・学生でない事

と言う5つの条件を全て満たせば、アルバイトでも厚生年金に加入できます。(正確には加入義務があります)

フリーターが社会保険に加入するメリット

ちなみにフリーターが社会保険に加入するメリットは2つあります。

①受け取る年金額が増える

まず、あなたも僕も加入している国民年金に上乗せして厚生年金が受給できますし、

厚生年金は給与額・加入期間が長い程支給額が増えていくため、

将来、あなたが受け取る事の年金額が増えます。

まだ早いかもしれませんが、あなたも老後の事を考えると厚生年金に加入していた方が良いと思います。

②健康保険では手当がつく

健康保険に加入していれば、国民保険にはない手当を受け取る事ができます。

手当とはあなたが怪我や病気をし、会社から給料が受け取れなった際、一時金が支給される「傷病手当金」や出産手当金などの手当や育児休業給付金などの給付金を受け取る事ができます。

スポンサーリンク

社会保険に加入するデメリット

社会保険料が発生する

あなたが社会保険に加入すると、もちろん保険料が発生します。

社会保険(健康保険・厚生年金)は労働者に代わり、会社が折半する形になり、全額負担の国民年金や国民健康保険よりお得ですが、

給与額のおよそ14%は社会保険料としてして天引きされる事になります。(僕も毎月引かれいます……)

まとめ

いかがでしたでしょうか??

社会保険の事について確認できましたか??

将来の事を考えて、社会保険についても一度考えてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です